遠距離10年完走!新婚別居⑧北海道はあたたかい

こんにちは!ペイザンヌです

私と夫のわんわん工場長は、10年間遠距離をしてきました。

そのうち私が6年間住んでいたのが北海道です。

今では夫婦で北海道が大好きになり、夫のFIRE後は北海道に移住すると決めています。

北海道は外気温こそ低くて寒いけど、人も家もあったかい!

今回は、道民の人柄と雪国の家の特徴についてご紹介します。

北海道移住を検討中の方の参考になれば幸いです

わんわん工場長夫妻の遠距離歴はこちら↓

北海道の人はあったかい

6年間住んで感じたのは、北海道の人は優しくて温かい!ということです。

優しい駅員さん

これは北海道転勤が決まって家を探しに初めて札幌に行った時のお話です。

札幌では、冬に雪道を歩かなくてもいい様にとにかく地下歩道が発達しています。

札幌駅から2駅先のすすきの駅まで地下歩道(通称:チカホ)で歩いて行けちゃうんです。

なので初めて地下鉄の札幌駅に降り立ったら、まるで迷路!

目的の出口が見つからず右往左往していると、窓口にいる駅員さんと目が合いました。

・・でも、もうちょっと自分で頑張ってみよう!とウロウロするも結局分からず。

窓口の方に歩いて行くと、困ってるんだろうなと察知した駅員さんが立って窓を開け、

「どうかなさいましたか?」と自ら私めにお声を掛けて下さったのです。

これまで東京・大阪という大都市に住んできて「駅員さん=冷酷非情」

というイメージしかなかったので、優しくご教示下さる札幌の駅員さんマジ神!と感動しました。

真心ある接客

全体として、店員さんの接客レベルが高いな、と感じます。

同じ系列店でも東京で受ける接客と、札幌で受けるのとでは全然感じが違います。

よくある店員さんの、瞳の奥ではこちらをお金として見ているギラギラした感じ、

接客の嫌味、いやらしさというのが札幌の店員さんからはほとんど感じられません。

これはたまにしか北海道に遊びに来ない夫も同じことを言っていました。

実際に行ってみないと分からない、肌で感じる部分ですね。

印象的だったのは、数回行っただけで顔を覚えて下さり

「あ、こんにちは!」「いつも有難うございます」と声を掛けてくれること。

東京だと何十回通ってもこのような対応があるかないか?

嫌味がなく、真心ある接客が札幌の人には身についているように感じます。

寒いからこそ、人柄が温かくなるのかな~

北海道の家はあったかい

冬も快適な家

雪の降る地域はもちろん家も冬仕様!

ほとんどの賃貸物件には備え付けの立派なストーブがあります。

さらに家は全て2重窓で冷気が入って来ないようになっているので、

ストーブ1台あるだけで家中ぽかぽかになります。

そのため北海道の人は冬も家では半袖でアイスを食べる

とか言うけど私の周りにはそんな人いなかったぞ、都市伝説?

アパート暮らしで車のない生活を送っていたので、

札幌にいた6年間1度も雪かきをしたことがありません!

ちなみに水抜きもしたことがありません。

≪水抜き≫

寒さで水が凍り、水道管が破裂するのを防ぐために水を抜く作業。

冬の雪国では一般的な行為で、長期に家を空ける場合に必須とされる。

北海道に住むならマンションがオススメ

移住して家を買うことになった場合、一軒家かマンションで迷いますよね。

生涯掛かるお金を考えれば、マンションの方が管理費や修繕積立金などがかかり高くつきます。

しかし、北海道で老後まで生活することを考えるならマンションをオススメします。

≪マンションのメリット≫

①雪かきをする必要がない

②冬も室内が比較的暖かい

③水抜きをする必要がない

雪かきをする必要がない

北海道のアパートやマンションの場合、共同玄関や駐車場には

ロードヒーティングという屋外でも雪を溶かす暖房機能が付いていることが多いです。

冬場になると管理会社がロードヒーティングをオンにするため、

その上には雪が積もらず雪かきをする必要がありません。

一戸建ての場合は雪かきが必須!自分の敷地だけでなく、

家の前の公道やお隣さんのところもちょっぴり雪かきしてあげるのが暗黙のルールです。

雪かきで排除した雪の置き場所によってはご近所さんとトラブルになることも。

また、高齢者になった時に雪かきをするのは大変だと思います。

雪かきは業者に頼むこともできますが、一般的にかかる費用は

1時間3000円~(出張・交通費は別)となっています。

冬も室内が比較的暖かい

北海道のマンションに住むなら2階以上がオススメです。

自分の部屋の上下左右に住人がいる場合、その人たちも暖房を使うので

自ずとその恩恵を受けられる訳です。

実際、私はアパートの2階に住んでいましたが、下の階が空きになっていた冬は

部屋の中がいつもよりも寒く感じました。

水抜きをする必要がない

北海道では冬に長期間家を空ける場合、基本的には水抜きをしなくてはなりません。

そうしないと水道管内の水が凍って水道管が破裂し、水道を使えなくなってしまうためです。

もし水道管が壊れた場合、当然修理のための費用もウン万円かかります。

しかし、マンションの場合であれば戸建てよりも室温が高いので、

そう簡単に水が氷ることはありません。

私は冬場に1週間近く水抜きをせずに家を空けることもありましたが、

1度もトラブルになった事はありませんでした。

ただし、中には水道管が外に出ているタイプの建物もあり、

その場合には水抜きが必須となりますので予め確認しておく必要があります。

以上の理由から私たち夫婦はマンションにすると決めています

ご覧頂き有難うございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事