遠距離10年完走!新婚別居④「帰路別々のハネムーン」

こんにちは!ペイザンヌです

結婚式やる気満々のわんわん工場長(夫)と、全然やりたくなかったぺイザンヌ(妻)。

結婚式を巡る喧嘩勃発の末、夫の意向を尊重し、ハネムーンのハワイ旅行だけを楽しみに頑張ることにしました。

結婚式でお金がかかるので、割引のツアーを申し込むためベネフィットステーションを使うことに。

ところが遠距離故、ハネムーンの申し込みも少しややこしいことに!?

今回は、ハネムーンにまつわるエピソードをご紹介します。

遠距離をされている方の参考になれば幸いです。

わんわん工場長夫妻の遠距離歴

 東京ー東京 : 1年半

  ~遠距離スタート~

 東京ー千葉 : 2年

 大阪ー千葉 : 1年  

 北海道ー東京 : 1年 

 北海道ー広島 : 4年 ←結婚

 北海道ー直行便のない現住まい: 2年 ←過去最長距離

ハネムーンが16万円割引!

結婚するにあたっては本当にお金が飛びます。

そこでハネムーン代金を節約するため、ベネフィットステーションを使って申し込みをすることにしました。

色々な旅行会社がありますが、ベネフィットステーションの中でも割引率が高く、国内線料金が無料になるANAのハワイツアーを選びました。

流れとしては、まずベネフィットステーションのサイトで選んだツアーや宿泊日数など、簡単な情報を入力します。

後日ベネフィットステーションのツアーデスクにから電話がかかってくるので、そこで詳細を相談する、という感じです。

大手旅行会社と同様の対応をして下さいます

帰路は北海道と広島

ANAのツアーは国内線料金が無料だったので、併せて申し込みました。

国内線は隣同士の席を確約してもらえるとのことでしたが、夫が広島、私が北海道にいたので関係なし(笑)

ハネムーンオプションをつけていたこともあり、ツアーデスクの方に「帰りは北海道と広島どちらに向かわれますか?」と聞かれました。

「ちょっとややこしいんですが別居婚でして・・」と事情を説明し、それぞれのフライトを予約しました。

普通は同じところに帰りますもんね・・

これハネムーンになるのか?

私たちはANAツアーの無料オプションで、ハネムーン限定のリムジンお迎えプランをつけました。

現地に着いてからのお迎えはなんと人生初の長~いリムジン!

無料でセレブ気分を味わえて最高でした。でも、今振り返ってみると

・申し込み時は入籍していないから苗字が別々

・おまけに帰路も別々

どう見ても夫婦に見えないぞ

こんな私たちによくハネムーンオプションを適用して下さったなと感謝です。

楽しい時間はあっという間

5泊7日のハネムーン、こんなに長く一緒に過ごしたのは初めてで「あと3日も一緒にいられる!」なんてはしゃいでました。

楽しかったハネムーンを終えて、成田に帰国。

私は仕事の関係でその日のうちに北海道へ戻らなくてはなりませんでした。

到着ロビーで「じゃあ、また連絡する」と手を振って別れたのが今でも印象的です。

私たち、本当に夫婦になったんだよね?実感がないまま成田を後にしました。

⑤へ続きます。ご覧頂き有難うございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事