格安スマホに乗り換えよう!固定費のスマホ代を削減した話。

こんにちは。わんわん工場長です。

今回は固定費の中の「スマホ代」を見直し、固定費を削減したお話です。

docomoやauといったキャリア回線から、いわゆる「格安スマホ」に乗り換えて固定費を削減ました。私はau→UQモバイルユーザーになりました。

今回は格安スマホの概要と、乗換えの流れをお話ししたいと思います。

格安スマホとは?

格安スマホとは、「毎月かかる通信費が格安になる」というサービスの事を言います。

べつにスマホ自体が格安で手に入るわけではないのでご注意を。(キャンペーン等でスマホ自体が安くなる場合もありますが)

格安スマホの普及率

2020年3月時点で約20%だそうです。まだ全然普及してないんですね。

■ メイン利用のMVNOシェア、2020年は14.0%、(昨年3月は12.3%)

MVNOとY!mobileを合わせると格安SIMメイン利用シェアは20.4%に

15歳~69歳の男女41,120人を対象に、メインで利用している携帯電話・スマートフォンの通信事業者を聞いたところ、「docomo(32.4%)」「au(26.0%)」「SoftBank(18.4%)」と大手3キャリアを合わせると76.8%となり、1年前の2019年3月の同様の調査と比較すると79.1%から2.3ポイント減となった。「Y!mobile」が6.3%、「MVNO」が14.0%となり、キャリアサブブランドの「Y!mobile」と「MVNO」を合わせると20.3%となった。

引用元:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1852.html

格安スマホを使うメリット、デメリット

メリット
  1. とにかく月額料金が安くなる
  2. 変な料金オプションが勝手に付きにくい
  3. 料金体系がシンプルで分かりやすい
デメリット
  1. 乗換えの手続きに時間がかかる。めんどくさい。
  2. キャリアメールが使えなくなる
  3. 回線速度がキャリア回線に比べ少し遅くなる事がある
  4. 何か安かろう悪かろうで怖いイメージがある。SIM?MNP?よく分からない。
  5. スマホ本体の残債があるので手続きが面倒になりそう
  6. 契約事務手数料がかかる

数だけ見るとデメリットの方が多いですが、料金が安くなるメリットに比べたら大したこと無いです。

私もそうでしたが、「SIMって何!?」「MNPって何!?」「何かコワイ!知らない!ヤダ!キモイ!ハゲ!」「とりあえず大手のau使っとけば安心^p^」という先入観があり、あまり深く知ろうとしていませんでした。そういう方、多いんじゃないでしょうか。この解消の仕方は次の記事で詳しく説明しているのでぜひご参照下さい。

どのくらい安くなるのか?

大体月額で2000円~3000円くらい安くなります。(通信費だけを比較した場合)

私の場合は約2000円安くなりました。質も変わらず、むしろ使えるギガ数が増えて良くなったくらいです。1年で約2.5万~3.5万浮きます。すごいです。

格安スマホのサービス提供会社一覧

2020年7月現在、Y!mobile、UQモバイル、楽天モバイル、mineo、LINEモバイルなど20社以上あるらしいです。CMとかでよくやってるので皆さんご存知ですよね。

サービスは各会社で大差無いのですが、キャンペーンの内容や、SNS使用時はパケット通信かからない、契約ギガ数を超えても速度が1Mbps保たれる、など詳細部分が異なってきます。

工場長はUQモバイルユーザー

決めた理由
  • 料金も3GBで1980円/月とそれなりに安かったから
  • 速度も安定しているという口コミだったから
  • 使いきれなかったギガ数は翌月に持ち越せるから。3GB契約の人はMAX3GBを翌月持越しできる。つまり6GBを1980円/月で使える。

あんまり大した理由は無いのですが、Y!mobileと楽天モバイルで迷っていまして。

Y!mobileは速度が安定している評価が多かったのですが、料金が高めだったので却下。(2020年7月現在 2670円/月でした)

楽天モバイルは12~13時などのピーク時で回線がめっちゃ遅くなるという情報が散見されたので却下しました。ギガ数使い切っても1Mbpsは確保されるというメリットがありますが、「使い切ることは無いな」と思って却下。

あと、オプションは何もつけていないですし、選択の自由は本当にあると思います。auだったら「スマートパス」やら不要なオプションが勝手にたくさん付いてきます。そういう煩わしさも格安スマホは少ないかなと思います。

格安スマホへの乗り換え手順

ポイントは「SIMフリー」と「MNP」です。「そんな英語使わないでくれよ!」って思わないでください。私も当時思い、ブチ切れそうになりましたが自分の中で素数を数えて落ち着きました。

現在使っている「SIMカード」をそのまま使いたいのであれば、「SIMロック解除」をし、「SIMフリー状態」にする必要があります。

SIMロック解除は各キャリアのホームページ上や電話で可能であり、auの場合は1分でできます。

ただしすぐにロック解除できるわけではなく、「解除申請」を行うので実際に解除されるのは申請後約1週間です。

そして「解除したよ^^」という通知は来ないので、気になる方は電話で確認するしかないです。ケチ!

また、電話番号も変えたくなければ「MNP」をすればOKです。

MNPは今お使いのケータイ会社に連絡し、予約番号を取得します(MNP予約番号電話でも出来ますし、店舗に行ってもできます。取得自体は数分でできます。

取得後は新たに加入するケータイ会社に予約番号を伝えるだけでOK。後は勝手に処理されます。これで今使っている電話番号が引き継げます。何て簡単!

MNP予約番号を取得したら解約になる?

誤解される方が多いのですが、MNP予約番号を取得しても即時解約になりません。

また、MNP予約番号は取得日を含め有効期限は15日間となっています。

MNP予約番号が期限切れになったからといって今使っている回線が解約になるわけではありませんのでご安心下さい。もし期限切れになったら再取得すればOKです。

MNP予約番号が電話で取得できない?

先程記載した通り、MNP予約番号は電話でも店頭窓口でも取得できます。

しかし私はMNP予約番号は「店頭窓口」でしか取得できませんでした。

その理由は「Apple Care」に加入していたからです。詳しい事情は分かりませんでしたが、電話で取得しようとしたら「出来ません」と言われました。ご注意下さい。ケチ!

Apple Careは継続して適用されるのか?

iphoneユーザーの方でApple Careに加入されてる方がいると思います。そして私も加入していましたがこれは、以下の回答になります。

・auやdocomoでiphoneを買いApple Careに加入した場合は回線解除と同時に契約解除になる

・Appleストアでiphoneを買い、Apple Careに加入した場合は回線解除しても継続される

ここは要注意ポイントですね。ケータイ会社でスマホを買ってる方が多いと思いますので気を付けて下さい。ここらへんもケチですよねぇ。

データのバックアップは確実にしておこう

同じ機種を使うのであれば基本的に写真や動画はそのままスマホ本体に記録されてるので大丈夫ですが、必ずパソコンでのバックアップをしておきましょう。

これをしておかないと、万が一の時にデータが全て吹っ飛んで脱糞して失神するという事になり兼ねないので基本的人権を守るために必ずしておきましょう。

まとめ

・格安スマホに乗り換えたら月額2000円~3000円安くなる

・SIMロック解除やMNPは簡単。英語に惑わされず一歩踏み出そう。

・格安スマホに乗り換えるときはデータのバックアップをしておこう

ちょっとメンドクサイと思われる方がいるかもしれませんが、それ以上の価値があります。以上、お読み頂きありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事