投資信託:お得な口座開設方法とファンドの選び方を解説

こんにちは。わんわん工場長です。

今回は投資信託の始め方、ファンドの選び方についてお話します。

 この記事はこんな事が分かります

  • 投資信託の始め方、どこで口座開設すべきか
  • NISAとつみたてNISAの口座開設方法、またそれぞれの違い 
  • 投資信託のファンドの選び方

投資信託の始め方 ~まずは口座を開設しよう~

U.s. Dollar Banknote Lot

おすすめの始め方は「ネット証券口座」を開設して始める事です。

投資信託は銀行、証券、郵便局など、意外とどこでも買えます。

しかしネット証券は実店舗が無く対面販売では無いので、他に比べて手数料が安く設定されています。

「金融マンの説明を受けないと、何だか不安・・・やっぱり窓口で説明を受けたい」という方の気持ちも分かりますが、私自身、全くの素人でしたが口座申し込みは10分程度で終わり、無事に口座開設することが出来たので全く心配要りません。

※補足ですが銀行窓口等での口座開設はできるだけ避けましょう。口座開設と共に手数料が高い「ぼったくり投資信託」を売られる可能性が高くなります。

ネット証券オススメは「SBI証券」か「楽天証券」

初心者の方は「SBI証券」か「楽天証券」のどちらかを開設すればOKです。

この二つのネット証券会社に大きな違いはありません。本当にどっちでも良いです。

一つ違いを挙げるとすれば、SBI証券のほうが海外株式の自動積立ができるというメリットがあるため、海外株やETFに興味がある方はSBI証券のほうが後々便利かもしれません。

私はSBI証券をメインで使っているので、SBI証券を元に説明します。

SBI証券での口座開設方法

SBI証券のホームページに行き「今すぐ口座開設」のボタンをクリックし、画面の指示に従って進めば10分くらいで申し込み完了です。(本人確認でマイナンバーカードがあれば便利です)

大体10日~2週間くらいで口座開設が完了します。非常に簡単です。

NISA口座を絶対に開設しよう

証券口座を開設したら「NISA/つみたてNISA口座」を絶対に開設しましょう。

NISAは「配当金や売却益が非課税になる」という超スーパー素晴らしい制度です。(語彙)

通常、得た利益には約20%の税金がかかります。しかしNISAはかかりません。

例えば100万円の売却益があった場合、通常は税金が引かれ手取りは80万円です。しかしNISAで積み立てたものは「100万円まるまるゲットだぜ!」になります。節税メリットがとんでもなく大きいです。

SBI証券の場合、NISAは下の画面から申し込むことができます。

申込から口座開設までは約3~4週間かかるので証券口座が開設したら即座に申し込みましょう!

つみたてNISAとNISAはどっちが良い?

初心者にはつみたてNISAがオススメです。選べる投資商品も金融庁が厳選した優良ファンドのみ選べるようになっています。私も妻もつみたてNISAをしています。

NISAとつみたてNISAの違いは以下の通りです。

つみたてNISANISA
年間投資上限額40万円120万円
非課税対象厳選低リスクの投資商品高リスク投資商品も含む
投資可能期間2037年まで2023年まで
非課税期間投資した年から最長20年投資した年から最長5年

つみたてNISAは年間投資上限額が40万円ですが、20年続けることができます。また、設定すれば自動でお金が引か

毎年40万を20年間、年間利回り5%で20年運用した場合をみてみましょう。

金融庁 NISAシュミレーション

元本800万に対し1370万円になります。この場合運用益は570万ですが、これが全て非課税になります。

通常の株式や投資信託の場合は約20%の税金(この場合120万円)が引かれますので、約450万円しか残りません。

まだ20代30代の若い方は時間を味方につけられるため、少額の積立でも大きな効果を生むことが出来ます。私も31歳なので

優良ファンドの選び方

同じ内容の商品であればとにかく手数料が安いものを選ぶべきです。そして優良ファンドは購入時手数料も無料であるケースが多いです。

■投資信託にかかる二つの手数料
 ・購入時手数料: 商品を買う時にかかるお金
 ・信託報酬: ファンドに対する運用手間賃

投資信託は数十年にわたる長期運用でお金を増やす資産運用方法ですので、必然的に金額が大きくなります。なので数%の手数料はバカにならないんです。

但し、信託報酬は無料の所はありません。ファンドに自分たちのお金を運用してもらうわけですからね。

S&P500連動 優良インデックスファンドの手数料比較

例えば下の二つのファンドを比べてみましょう。

名称購入時手数料信託報酬 (税込)/年連動指数
SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
(愛称:SBI・バンガード・S&P500)
無料0.0938%程度S&P500
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)無料0.0968%以内S&P500

この二つは「S&P500」という指数に連動したインデックスファンドです。S&P500はアメリカの市場に連動した代表的な指数です。(日経平均株価みたいなものです)

購入時手数料は無料ですが信託報酬がわずかに違います。この場合、上のバンガードのファンドを選んだ方が良いことになります。

「え、たった0.003%でも?」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、繰り返しになりますが資産額が大きくなればなるほどインパクトが強くなります。

さすがに0.003%だと100万で300円ですから、そこまでこだわる必要が無いかもしれませんが、家電で同じ商品だったら少しでも安い方がいいですよね。「ケチくさい」と考えるのではなく「無駄金を減らさないと資産は増えない、もったいない」と心得ましょう。

私が買っているファンド

私が買っているファンドは先程紹介した「SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」のみです。(私は投資信託はつみたてNISAしかやっていません)

伝説の投資家、ウォーレンバフェットも自分の奥さんに「S&P500連動のインデックスファンドを買う事」を勧めています。

アメリカの主要500社に連動しているので、これを買うだけである程度「分散投資」が出来ていることになります。

なぜS&P500インデックスファンドが優秀で選ぶメリットが大きいかは別の記事でご紹介したいと思います。

私の失敗談

私も駆け出しの頃は、「アクティブファンド」に手を出し、信託報酬が1%もかかるものを選んでいました。

当時は掛金が数十万でしたので被害がまだ小さかったですが、このファンドは当時の「販売金額ランキングで1位」だったんです。

「売れてるもの=いいもの」という心理と、無知が災いして・・・というやつですね。

※アクティブファンドがダメということではありません

まとめ

  • 投資信託はネット証券口座を開設して始めよう
  • 証券口座を開設したらNISA口座も必ず開設しよう
  • 同じような内容のファンドは手数料が安い方を選ぼう

以上、お読み頂きありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事