【初心者向け】ビットコインの保管に使うウォレットについて解説【セキュリティ】

※当サイトで使用している 「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します。

ビットコイン投資に向け勉強中のペイザンヌです!

ビットコインは取引所に預けるだけでなく、様々な保管方法があることをご存知ですか?

え?何でそんなに保管方法があるの?

ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)自体はブロックチェーン技術により、不正がほぼ不可能なので安全性は高いです。

しかし、過去の流出事件などからも分かるように狙われるのは仮想通貨を保有する取引所などの企業です。

ハッカーは企業のセキュリティで脆弱な箇所を見つけ、仮想通貨を盗み取ります。

企業もセキュリティ体制を強化していますが、補償制度についてはまだ法的規制が発展途上なんです。

なるほど、資産を守るために取引所以外にも保管方法が登場したんですね。

今回は、ビットコインを保管するウォレットについて詳しく解説します。

ビットコインに興味がある方の参考になれば幸いです!

ウォレットとは?

仮想通貨(暗号資産)の保管にはウォレットを使います。

文字通りお財布のことですね!

現金と違い、ビットコインはビットコインアドレスという数字の組み合わせで出来ているので、そのデータを収納するのがウォレットの役割です。

ウォレットには、ホットウォレットとコールドウォレットがあります!

ホットウォレットとは?

ホットウォレットはインターネットに繋がれた状態、つまりオンラインで管理されているウォレットのことです。

メリット

例えば投機目的などで頻繁に取引を行う場合、

オンラインで管理されている方が仮想通貨の出し入れが簡単で、取引をスピーディに行える。

デメリット

オンラインで管理されているため、ハッキングや不正アクセスの被害にあう可能性が高い。

ホットウォレットの種類

ウェブウォレット

ウェブウォレットは、仮想通貨取引所のウォレットのことです。

取引所を通じて購入した仮想通貨は、全てここに保管されます。

買ったら取引所に預けっぱなしにしておけるから、この方法が1番楽だね!

最初に説明したように、企業がハッキングされるリスクは高いです。2段階認証の設定はマストですね!

楽な分リスクもあるということか。

ウォレットに保管されているのは、厳密には仮想通貨ではなく秘密鍵という仮想通貨の暗証番号のようなものです。

つまりハッキングされたら暗証番号が盗まれる、というイメージです。

それは困る~!

モバイルウォレット

スマートフォンなどに専用のアプリをダウンロードするタイプのウォレットです。

店頭でビットコイン払いをしたい場合には、アプリが必須です。

すぐに起動出来てとても便利ですが、スマホが故障したり、紛失するリスクもあります。

大金を保管するのには不向きかもしれませんね

コールドウォレットとは?

コールドウォレットとはインターネットから完全に切り離され、オフラインで管理されているウォレットのことです。

仮想通貨の大部分をコールドウォレットで保管している取引所も多いです。

メリット

オフラインで管理されているのでハッキングや不正アクセスの被害にあう可能性は低く、資産の保管に向いている。

デメリット

オフラインで保管されているため、仮想通貨の出し入れに手間がかかり、取引に時間がかかる。

コールドウォレットの種類

デスクトップウォレット

パソコンに専用アプリをダウンロードして使うウォレットです。

オフライン状態なら安全に管理できますが、パソコン自体の故障やウイルス感染というリスクがあります。

この問題はバックアップをとっておけば解決できる可能性が高いです!

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、秘密鍵を紙に印刷して保管する方法です。

もはやウォレットというか紙切れだね。

完全なるオフラインなのでウイルスやハッキングの被害にあうことなく、自分で管理ができれば1番安全と言えます。

安全ですが、紙が行方不明になるリスクはありますね。

ハードウェアウォレット

仮想通貨用の専用端末のウォレットで、簡単に言うとUSBのようなもので保管します。

オフラインで管理出来るので、ウイルスやハッキングから資産を守ることが出来ます。

専用端末は約1~2万円しますが、故障や紛失に対応可能なものもあります。

初期費用はかかるけど、保険と思えば安い?

まとめ

・ビットコインなどの仮想通貨は、ウォレットに預けられる

・オンライン管理のホットウォレットはスピーディな取引が可能だが、ハッキングのリスクがある

・オフライン管理のコールドウォレットは取引に手間はかかるが、資産を保管するなら安全

・取引所では大半の仮想通貨をコールドウォレットで管理している

・ハッキングのリスクを避けるには、取引所のウェブウォレット以外での保管を検討する

・ハードウェアウォレットは初期費用がかかるが、故障や紛失にも対応可能

今回参考にした書籍はこちら↓

基礎から税金のことまで、幅広くカバーしている1冊でオススメです!

ご覧頂き有難うございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事