【DCF法】適正株価(理論株価)の算出方法【計算シートプレゼント】

「株価が割安かどうか調べたい」

というあなたにオススメの記事です。

PER,PBRなど割安度をはかる指標はいくつかありますが、「適正株価を出して今の株価と比べる」方法をご紹介します。

 

ご紹介するのは億越え投資家「ろくすけさん」の方法。

日経マネーのコラムで連載されている内容です。

この方法は機関投資家が使う「DCF法」に、ろくすけさんのアレンジを加えたものです。

わんわん工場長
投資の神様「ウォーレン・バフェット」もDCF法を使っているそうです
DCF法とは

簡単に言うと「その企業が永続的に利益を稼ぎ続けるとしたら現在の事業価値はいくらか?」を計算し理論株価を導く方法です。

※DCF法の理屈や詳細については日経マネーをご参照ください。
ろくすけさんの勝てる株式投資入門(15)

しゃちく君
何言ってるかまったくわからん・・・

わんわん工場長
すみません、でも安心してください。

この記事は「難しい言葉がわからなくても算出できること」を目標に書いてます。

そして計算は意外と単純です。

最後には理論株価を自動算出するエクセルシートも貼り付けてありますので、読んでいただければ幸いです。

理論株価の算出流れ

  1. 理論PERを出す
  2. 5年後時点の理論時価総額を出す
  3. 理論時価総額を現在価値になおす
  4. 理論株価を出す

わんわん工場長
順に説明していきます。

手順1、理論PERを求める

まず、利益の安定性と成長性に照らして妥当なPER=「理論PER」を求めます。

「期待収益率」と「永久成長率」により理論PERを算出できます。

たとえば「期待収益率=6%」「永久成長率=1%」の場合、理論PERは「20」になります。

期待収益率の設定方法

期待リターン(利回り)のこと。ハイリスクな企業ほど高くなる。

投資リスクが高いとリターンも多くないと割に合わないですよね。

なのでハイリスクな企業は期待収益率が高くなります。

設定のポイント

・4~10%の範囲で設定
・業績のぶれが大きい企業は7%超、小さい企業は7%以下にする

次の計算式でも算出できます(推奨)

期待収益率=
ベータ値×(マーケット期待収益率ーリスクフリーレート)+リスクフリーレート

リスクフリーレート 
リスクなしで得られる利回りのこと。(普通預金や国債など)

マーケット期待収益率
そのマーケットにおける期待リターンのこと。
日本株式の場合、約6%前後。銀行やGPIF(年金機構)が値を公表している。

GPIF-基本ポートフォリオの変更について(期待リターンの設定)

ベータ値
株価指数に対する各銘柄の感応度。
たとえばベータ値が1の場合、日経平均株価が1%動いたら個別銘柄の株価が1%動く。

ベータ値はロイターから入手できます。

ロイター株式ニュース

右側の「株価検索」で企業コード・企業名を入力し、「指標」からベータ値を見ることができます。

永久成長率の設定方法

毎年のキャッシュフロー増加率の予測値。

投資家の主観で決める(重要)。

設定のポイント

・0~5%の範囲で設定する

・利益の伸びが大きい企業は高く、小さい企業は低くする

一般的にはインフレ率やGDP成長率を参考に、保守的(0~1%)に設定されることが多い。

手順2、5年後時点の理論時価総額を算出する

以下の式で算出します。

  1. 過去の増加率や企業の中期経営計画の目標値をもとに、5年目の当期純利益の予想値を求めます。
  2. 永久成長率を使って「6年目の当期純利益の予想値」を算出します。
  3. 6年目の当期純利益の予想値に理論PERをかけます。

この手順では企業が「永続的に」稼ぐ部分を算出しています。

わんわん工場長
ちなみに、「永続的に稼ぐ部分」をターミナルバリュー(TV)といいます

手順3、5年後時点の理論時価総額を現在価値になおす

5年後の時価総額を設定した期待収益率で5回割ります。

そうすると現在価値に換算された「理論時価総額」を求めることができます。

手順4、目標株価(理論株価)を求める

最後、目標株価の算出です。

理論時価総額を発行済み株数で割ります。

そうすると1株あたりの目標株価が出ます。

目標株価と足元の株価を見比べることで、現時点で株価が割安かどうかを判断できます。

わんわん工場長
これで計算はおしまいです。例題をやってみましょう。

実例で計算してみる(セブン&アイHD)

みなさんご存じ「セブン&アイHD」を見てみます。

セブン&アイ中計より引用

計画目標値で「フリーキャッシュフロー=4000億」が公表されてるので今回はこれを使います。

わんわん工場長
ありがてぇっ・・・!ありがてぇっ・・・!(カイジ風)

①期待収益率の計算

GPIF公式資料より引用

■前提条件

ベータ値: 0.59(ロイターより)

マーケット収益率: 5.6%(GPIF資料より)

リスクフリーレート: 0%(10年日本国債利回り)

期待収益率=
「ベータ値×(マーケット期待収益率ーリスクフリーレート)+リスクフリーレート」 なので

0.59×(5.6%ー0%)+0%

=3.3% となります。

わんわん工場長
10年日本国債の利回りは0.04%ですが、わかりやすく「0%」にしてます。

②理論PERを計算

期待収益率: 3.3%

永久成長率: 0%

として理論PERを計算します。

 

理論PER=1÷(期待収益率ー永久成長率)なので

1÷(3.3%ー0%)

=30倍 となります。

同業のローソンが41倍、セブン&アイの予想PERが23倍なので、許容範囲とします。

③6年目のFCF算出

永久成長率0%にしてるので、5年目のFCF(=4000億)をそのまま使います。

(もし1%の場合は1.01をかける)

④5年後時点の理論時価総額

4000億に理論PERをかけます。

4000億(6年目FCF)×30(理論PER)

=120,000億

これが5年後の時点の理論時価総額になります。

⑤現在価値になおす

5年後の理論時価総額を現在価値になおします。

期待収益率で5回割りましょう。

120,000億÷(1+3.3%)^5

=102,018億

これがセブン&アイの理論的に求めた現在価値です。

⑥目標株価を計算

現在価値になおした時価総額を発行済み株式数で割ります。

102,018億÷8.8億株

=1株あたり11,592円

2021年9月7日現在の株価=5,069円

ということで、今の株価はかなり割安だと判断できます。

⑦考察

割安という結果は、個人的に納得です。

■理由

国内市場は飽和してるが、海外での成長余地が大きい

■海外展開

最近だとアメリカSpeedway社(アメリカのコンビニ)の買収があり、海外展開&買収も積極的です。

アメリカのコンビニ業界はマーケットの半分以上を中小企業が占めています。

再編が進んでいないので、セブン&アイが買収&統合をすることで成長が期待できます。

※今回は永久成長率=0%と保守的に見積もってますので、実際はさらに割安だと考えることができます。

この方法のメリット・デメリット

メリット: 企業の成長性を反映できる

デメリット: 投資家の主観的な要素が入る

大きいデメリットとしては永久成長率のように「投資家の主観的な要素」があり、絶対的な正解がないことです。

しゃちく君
投資家としての力量が問われるところやね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ちなみにDCF法は投資業界、M&A、不動産業界では基本的な考え方であり、特に著名投資家、機関投資家も使ってる方法なので信頼できる手法といえると思います。

最後に、ここまで読んでくださった方へのプレゼントです。

理論株価が自動で計算できるエクセルです。

 

適正株価 自動計算シート

 

私も日々勉強中ですので至らない点があった場合は申し訳ありません。

みなさんの株式投資のお役に立てれば幸いです。

わんわん工場長
お読みいただきありがとうございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事