【価格急騰】ワンリバーアセットマネジメントがビットコインとイーサリアムに6億ドルの巨額投資

※この記事において仮想通貨とは暗号資産のことを指します

ビットコイン投資に向け勉強中のペイザンヌです

アメリカのヘッジファンドマネジメント会社ワンリバーアセットマネジメントは、ビットコインとイーサリアム6億ドル投資したことで話題になりました。

12月17日、ビットコインが史上最高値を更新した一因でもあります↓

同社はビットコインファンドとイーサリアムファンドを立上げ、2021年には投資額を10億円にまで増やす予定としています。

https://news.bitcoin.com/1-billion-bitcoin-ether-one-river-hedge-fund-increase-holdings-600-million/

ワンリバーアセットマネジメントは何故このタイミングでファンドを立上げ、暗号資産への投資に積極的になっているのでしょうか?

英文ニュースを参考に解説します

仮想通貨(暗号資産)に興味がある方の参考になれば幸いです

ワンリバーアセットマネジメントとは?

https://www.oneriveram.com/

ワンリバーアセットマネジメントは2013年にCEOのEric Peters氏によって設立され、アメリカニューヨーク州に拠点を置く資産運用会社です。

全資産の運用額は16億円あり、HFM US PERFORMANCE AWARDS 2020で表彰された企業です。

≪HFM US PERFORMANCE AWARDS≫

様々な分野の中で高パフォーマンスだったヘッジファンドが選出・表彰されます。

アメリカではとても重要で影響力のある賞です。

最近では2020年11月に開催され、今年で14回目の表彰式を迎えました。

CEOのPeters氏はこの度機関投資家向けの暗号資産に特化した新会社を作ると発表しました。

それに向けビットコインとイーサリアムのファンドを立上げ、まずは6億ドルを投資。

2021年初頭には10億ドルまで投資を増やすとしています。

同社は「変わりゆく世界にオルタナティブな投資を」をモットーにしています

暗号資産に特化したファンドが出来たのもなるほど納得!

どうやって6億ドル分も購入した?

暗号資産を一度にこれだけ購入したら、普通は市場が大混乱するよね

暗号資産価格の急騰を避けるため、ワンリバーのPeters氏はなるべく目立たないようコツコツと取引を行ない、1ビットコインが16,000ドルを超える前、11月には予算内の通貨を買い切っていたと発表されました。

事後報告だった訳ですね!うちも基本事後報告

え!?我が家では何が行われてるんだ・・

ワンリバーは10億ドルいくまでまたコツコツと取引をするので、今後も通貨の価格は強気相場が見込まれます

暗号資産のファンドを立ち上げた理由

ワンリバーは大規模に採択されているデジタル資産とブロックチェーン技術が危機にあると考えており、

このファンドが何十年先のイノベーションに対する原動力になると信じています。

ワンリバービットコインファンドとイーサリアムファンドは、以下の目的で設計されています。

①機関投資家にそれぞれの通貨のパフォーマンスを届ける

②最高クラスのサイバーセキュリティ、法律顧問、監査人などの活用

更に世界的にインフレを引き起こしかねない政策が行われているので、資産を守る投資先としてこのファンドが立ち上がったようです。

ファンドは買い建て(資金を借りて買う取引)のみで、市場全体の値動きと同様の投資成果を目指すパッシブ運用となっています。

パッシブ運用にすることにより、長期で安定的な資産運用を目指しているようです

ワンリバーのようなヘッジファンドマネジメント会社が多額を投資するのは、暗号資産の将来性に自信を持っている証拠ですな!

ボラティリティー補償制度のリスクはあるけど、インフレを考えたら本当に賢明な投資先かも!?

まとめ

・ワンリバーアセットマネジメントが6億ドルをビットコインとイーサリアムに投資し、このニュースが12月17日にビットコイン価格を急騰させた一因でもある

・「変わりゆく世界にオルタナティブな投資を」をモットーに暗号資産に積極的な企業である

・ワンリバーアセットマネジメントはUS PERFORMANCE AWARDS 2020に選出された実績を持つ

・同社はビットコインファンドとイーサリアムファンドを立上げ、2021年には10億ドルを投資予定

・6億ドル分の暗号資産購入にあたっては、目立たないようコツコツ取引することで市場の混乱を起こさないようにしていた

・ファンドはデジタル資産とブロックチェーン技術のこの先の発展に寄与する目的で立ち上げられた

・今後起こり得るインフレに対しての防衛策としてもこのファンドを機関投資家に勧めている

・ファンドは2021年初頭に10億ドルまで投資を増加するとしており、今後も通貨は強気相場が見込まれる

この記事は英文ニュースを参考にしておりますが、分かりやすくするため都度説明を加えており、一言一句和訳はしておりませんのでご了承下さい。

ご覧頂き有難うございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事