高い服に価値はない!そう気付けたフリマ体験談

こんにちは!わんわん工場長の秘書です。

皆さんはどこで洋服を買っていますか?私は昔Tシャツが4000円くらいするようなアパレルブランドで、月に数回服を買っていました。その頃は「今日の服可愛いね!どこの?」と聞かれるのが嬉しかったんですよね。

まだフリマアプリがメジャーになる前、友人からフリマに出店しないかと誘われたことがありました。

「服も溜まってきたし、社会経験としてやってみるか」ということで出店してみることにしました。まさかそれが大きな転換点になろうとは・・

今回は、高い服に価値はないと気付けたフリマ体験談をお話したいと思います。

良い服なのにスルーされる

冒頭でお話したように、私はTシャツが4000円くらいするようなアパレルブランドで服を買っていました。

フリマに出品する服は、当時4000円~7000円で買ったものでした。数回しか着用せず、状態が良い服が多かったので値段設定は1800円~2500円と、自分としてはかなり安めにしてフリマに出陣しました。

ところが、いざ出店準備をしてみると周りは200円から高くても900円の洋服ばかり並べています。自分たちの値段設定の差に焦りつつ、ブランドのアパレルだし、状態も良いからきっと売れるはずと自信を持ち、値段設定はそのままでオープン時間を迎えました。

ぞろぞろと入ってくるお客さん。しかし、私たちの出店はみんなチラ見してはスルーしていきました。

それ7000円したのに!バンバン値切られる服

安くで出品していた人はどんどん売れていき、店仕舞いしていきます。このあたりで売れない虚しさを感じはじめ、値下げを始めました。

そして、お店の数が減ったことで私たちのお店にも人が来るようになりました。

フリマは値引き交渉ありきなので、バンバン値切られます。

その中でも衝撃だったのがとあるおばさんの一言。2000円の服を見て「これ200円になる?」と言ってきたのです。

えっ!それ1着7000円もしたんですよ!?と言いたくなりましたが、これがフリマでの金銭感覚なんだということが分かりました。

値引きなしで買ってくれたは良いけれど・・

フリマも終盤になると、お店はだいぶ減ってきます。最初値段設定を高めにしていた私たちは、値下げをしていたものの、まだ3分の1ほど服が残っていました。

そんな中1人のおじさんがやってきて、私が出品していた1500円のワンピースを値下げすることなく3着買っていきました。この日一番の高値、4500円で売れたのです。

お金を手にして嬉しいはずなのに・・私の心はもやもやしていました。

「あの人、このワンピース何に使うんだろう?」そのおじさんは、恐らくほとんどの女性が生理的に受け付けないような、清潔感のない見た目だったのです。

もしかしたらどこかの古着屋の店長だったのかもしれません・・いやでもそんな感じでもなかった。ごめんなさい、気持ち悪かったです!

フリマをやって気付いたこと

フリマを終えて思ったことは「服って何なんだろう?」ということでした。

これまでは可愛いと言われたくて買っていたブランド服。ブランドで状態が良ければ高く売れると思っていましたが、フリマに来る人からしたら一律ただの中古品。

バンバン値切られ、また、気持ち悪い人に買われたことで急に服に対する執着がなくなってしまいました。そして、高い服なんて買っても意味がないと思うようになりました。

その日以降、服を買う時は

①極力セールの時のみ

②セール以外の時でも、予算は1着2000円台まで

とルールを決めて購入するようになりました。

この価格設定にした理由は、ファストファッション系のお店では2990円までの価格帯で十分オシャレが出来る、と分かったからです。

今は「その服可愛いね!どこの?」聞かれた時に「ファストファッションで1000円だったよ」と答えて驚いてもらう、こんなやり取りが楽しみになっています。

まとめ

フリマで販売者側の立場に立ったことで、初めて服の価値を見直し、高い服に意味はないと気付くことが出来ました。

軽い気持ちで出店しましたが、無駄遣いをしなくなったのは大きな収穫でした。あの気持ち悪かったおじさんのおかげでもあるかな!

今お高めの服を買っている方、ご存知と思いますが巷には可愛くてオシャレな服が安くでたくさん手に入ります。

オシャレなのに安いという別の満足感を得られ、無駄遣いを減らせるかもしれませんよ。ファストファッション系のブランド、覗いてみては如何ですか?

ご覧頂きありがとうございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事