【初心者向け】ビットコイン最大のライバル!?イーサリアムについて解説

※この記事において仮想通貨とは暗号資産のことを指します

ビットコイン投資に向け勉強中のペイザンヌです!

最近はビットコインの値上がりが止まりませんね!

2020年11月13日時点 https://coinmarketcap.com/ja/

そんなビットコインの次につけているのが、よく耳にするイーサリアムです。

いつも不動の2位をキープしてるイメージだな~。

実はビットコインを超える可能性があるとも言われている仮想通貨なんです!

何!?ビットコインの公式ライバルって感じだね。

今回はイーサリアムについてビットコインと比較しながら分かりやすく解説します。

仮想通貨に興味がある方の参考になれば幸いです!

イーサリアムとは?

イーサリアムは2015年に誕生した仮想通貨で、ビットコインに次ぐメジャーな通貨です。

2015年当初は1ETH(イーサリアム)約300円でしたが、

2020年11月13日時点では約48000円にまで価格が高騰しています。

イーサリアムは決済に使えるだけでなく様々な機能が付加されており、

言わばビットコインの進化版です!

そのため、いずれはビットコインを超える可能性があると言われています。

機能が付加された仮想通貨はユーティリティ型と呼ばれます。

仮想通貨のタイプについて詳しくはこちら↓

イーサリアムの機能

ここでは主に3つの機能についてご紹介します。

①決済

②送金

③スマートコントラクト

決済

商品の支払いに使えるのはビットコインも同じですが、

イーサリアムは決済スピードが速いのが特徴です。

≪決済の記録を作るスピード≫

ビットコイン : 約10分

イーサリアム : 15秒

支払いを受ける企業の立場になれば、入金を即座に確認できるイーサリアムの機能の方が安心できます。

ビットコインに比べるとまだイーサリアム決済可能な店舗は少ないですが、

今後普及していけば、イーサリアムの価値がさらに上がっていくと見込まれています。

例えばAmazonもイーサリアム決済を導入予定です!

送金

イーサリアムもビットコインと同様、送金の機能があります。

どちらも銀行を介さないため、海外送金に使う際も手数料が安く済み、コスト削減になります。

先に説明したように送金スピードはイーサリアムの方が速いです!

スマートコントラクト

スマートコントラクトは簡単に言うと自動取引のことで、これはビットコインにはないイーサリアム最大の特徴です。

イーサリアムにはプラットフォームといって、アプリなどのソフトウェアを動かすための基盤が備わっています。

イーサリアムのブロックチェーンを利用すればどんな組織でもスマートコントラクトが可能なのです。

ブロックチェーンについて詳しくはこちら↓

ビットコインのブロックチェーンでは、過去の売買の取引記録だけが残されます。

それに対し、イーサリアムのブロックチェーンには未来の取引についても記録することが出来ます。

例えば「〇月〇日、Aさんに〇〇イーサリアム送金したい」と記録しておけば、その通りに取引を実行してくれるのです。

スマートコントラクトなら、銀行などの金融機関を介さず契約を成立させることが可能になります。

フランスの保険会社大手AXA(アクサ)では、イーサリアムのスマートコントラクトを利用した航空遅延保険fizzyを開始しました。

どんなサービスなの?

「〇月〇日、Aさんの搭乗する飛行機が遅延したら〇〇イーサリアム支払う」とブロックチェーンに記録しているんです!

イーサリアムの将来性

イーサリアムの特徴は決済スピードの速さ、②スマートコントラクトです。

スマートコントラクトについては取引の自動化によって、人件費などのコスト削減が可能になります。

また、ブロックチェーンによるセキュリティの向上も期待されており、今後は金融業界での活用に期待されています。

保険や不動産の登記なども将来はスマートコントラクトになるかもしれません。

イーサリアムがビットコインを抜かすのは時間の問題!?

まとめ

・イーサリアムは誕生当初1ETH約300円だったが、11月13日時点で約48000円にまで高騰している

・イーサリアムはビットコインよりも決済スピードが速い

・海外送金の手数料が銀行よりも安くで済む

・スマートコントラクト機能により取引の自動化が可能

・スマートコントラクトの技術は、今後金融業界などで活用が期待されている

株と同じように、仮想通貨も分散投資するのがいいんじゃないかと思えてきた!

そうだね、リスクを分散させるのは大事だよね。

今回参考にした書籍はこちら↓

ビットコインとイーサリアムの説明に特化した1冊です!

ご覧頂き有難うございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事