政治家バレンタイン氏、選挙ポスターにビットコイン支持のレーザーアイ

※仮想通貨の正式名称は暗号資産※

ビットコインエンジンコインに投資中のペイザンヌです
世界では暗号資産に対する賛否が分かれていますが、特にヨーロッパはかなり否定的な見方をしていることで有名です。
具体的にはEUの欧州中央銀行(ECB)がビットコインの世界的規制を訴えたり、ドイツの財務大臣がFacebookの暗号資産ディエムを滅茶苦茶にディスっています。
そんなヨーロッパに位置するオランダでは、ビットコイン信者の政治家ロバート・バレンタイン氏が大胆な選挙ポスターを作成したことで話題になりました。
今回のテーマ
・ロバート・バレンタイン氏とは
・バレンタイン氏はどんな選挙ポスターを作った?
・オランダ政府の暗号資産に対する規制は?日本とどう違う?

わんわん工場長
英文ニュースを参考に説明します。暗号資産に興味がある方オススメです!
バレンタイン氏は1985年生まれの36歳、アメリカ人の父とオランダ人の母を持つハーフです。
政治家になる前は、サスティナブルなボディ&スキンケアに特化したメーカー企業の社長でした。

わんわん工場長
今でこそ話題のサスティナブル(持続可能・自然に優しい)について、いち早く取り組んでたんだね
現在はオランダのリバタリアン党(LP)で議長を務めています。
リバタリアン党は2017年の総選挙で1議席も獲得出来なかったため、2021年の選挙で躍進できるかどうか一世一代の勝負を控えています。

ポスターの意味

わんわん工場長
え、これが一世一代の勝負を賭けた選挙のポスターなの!?

ペイザンヌ
目からビーム、知らない人が見たらなんじゃこりゃってなるだろうね
これは「レーザーアイ」と呼ばれるものですが、ビットコイン界では今年の2月以降アイコン画像の目からビームを出すのが流行中。
レーザーアイはビットコイン価格の10万ドル突破を祈願するもので、アメリカの上院議員シンシア・ルミス氏など各界著名人がこのようなアイコンにしています。

わんわん工場長
これの意味が分かるって、何だか秘密組織の一員になった気分!

ペイザンヌ
選挙ポスターにはオランダ語で「ビットコインこそ未来」と書いてあるよ

わんわん工場長
ビットコイン支持を全面に押し出したポスターって訳ね
リバタリアン党は何年も前からビットコイン支持を表明しており、オランダ初のビットコイン寄付を募った政党でもあります。
ツイッターのとあるソースは「企業、市民の自由、ビットコインについて真剣に考えているのはリバタリアン党だけと評価。
さらに「考え方を変える時だ。リバタリアン党に投票してビットコインを買おう。自由を守り大きな政府を終わらせよう」と呼び掛けています。

ペイザンヌ
バレンタイン氏は「もっと自由で、繁栄した世界を作りたい」と考えてるそうな

わんわん工場長
ビットコインのブロックチェーンがあれば中央銀行(政府)が要らなくなるから、そういった意味の自由を目指してるんだね

オランダの暗号資産規制

オランダでは中央銀行であるDe Nederlandsche Bank NV (通称DNB)が暗号資産産業を規制しており、暗号資産取引所は事業を始めるに当たってDNBに登録しなくてはなりません。

ペイザンヌ
2020年の段階で39の取引所が登録されているそうです

わんわん工場長
日本で言う金融庁認定の暗号資産交換業者(リンク先「企業選びの大前提」参照)みたいなこと?

ペイザンヌ
そう、それのオランダ版だね!

オランダ政府が求める基準は厳しく、2020年9月1日にはオランダのNLexchという取引所が政府により閉鎖されてしまいました。

閉鎖の理由について、同社は以下のように発表しています。

オランダの中央銀行は、全ての仮想通貨ビジネスに中央銀行へ登録することを要求し、登録は必須となりました。

従わなかった場合はオランダでの業務を停止させられるという内容でした。

しかし登録に係る費用はとても高く、求められるセキュリティを提供するためのコストを考えたら、経済的に事業を継続するのは困難でした。

わんわん工場長
利用者としては登録を必須にしてくれる方が安心ではあるよね

ペイザンヌ
もしリバタリアン党が議席を獲得したら、暗号資産規制を緩くするよう働きかけるなど何か変化があるかも?
≪参考ニュース≫
https://news.bitcoin.com/dutch-political-candidate-bitcoin-is-the-future-billboards-laser-eyes/
https://www.modernghana.com/news/923410/robert-w-valentine-of-the-libertarian-party-in.html

わんわん工場長
ご覧頂きありがとうございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事