税金で儲け無し?仮想通貨で利益を上げた時に注意すべきポイント

※この記事において仮想通貨とは暗号資産のことを指します

筆者は税理士でないため、本記事の内容は「だいたい3分でわかる仮想通貨の税金の話」(税理士、大見光男著)より引用しております。

また、税務に関する助言やアドバイスの提供を目的としたものではありません。詳しくは最寄りの税務署又は税理士等の専門家にお問い合わせください。

今回は「仮想通貨の税金を甘く見てはいけない」というお話です。

儲かったお金に税金がかかるのは何となく分かりますが、仮想通貨は税金が特殊なんですか?

2020年12月現在、仮想通貨での売買益は「雑所得」になります。

???他と何が違うんですか?

仮想通貨は株や債券など他の金融商品と違う扱いなんですね。比較して説明しましょうね。

仮想通貨の売買益は雑所得

何かと話題の仮想通貨。今はビットコインの勢いがすごいですね。

コロナショック時は1BTC=50万円でしたが、今は1BTC=200万になっています。

底値で買えた人は実に4倍の値上がり益を得ています。

しかし、仮想通貨取引での売買益は「雑所得」に分類され、「総合課税」として給与所得と合算されます。

株、債券、FXなどで得た売買益、配当益は「分離課税」として他の所得とは切り離して課税されます。

「何が違うの?そんな差があるもんなの?」と思う方がほとんどだと思いますので

例を挙げて見てみましょう。

税金は売買益のMAX55%

例: 給与所得 500万   株式売却益 300万 の人の場合

国税庁HPより引用

上記は所得税の累進課税表です。実際は所得税に住民税がかかります。

株式売却益は「分離課税」が採用されます。給与所得と株式売却益は別々に税金が計算されます。

給与所得500万の税金=976,400

株式売却益300万の税金=600,000

合計税額: 1,576,400

例: 給与所得 500万   ビットコイン売買益 300万 の人の場合

一方、仮想通貨売却益は「総合課税」となります。給与所得と合算されて所得税が決まります。

つまり年収800万円として税金が計算されます。

給与所得+ビットコイン売買益の税金=1,909,500

合計税額: 1,909,500

株売買益との税差額は約30万以上!?恐ろしすぎる・・・

同じ「金融商品」で得た利益なのに、こんなに差が出ちゃうんですね。
総合課税の場合は所得税+住民税でMAX55%税金で持ってかれます。

他の所得と利益通算できない

年内に限り仮想通貨同士の損益通算は可能ですが、

雑所得は他の所得と利益通算できません。さらに赤字は翌年に持ち越せません。

例えば給与所得が500万あり、仮想通貨売買で100万損をしても、500万に対し税金がかかります。

これは仮想通貨のような雑所得に限った話ではなく、給与所得も他の所得と通算できませんので

仮想通貨だけが不遇というわけでもありません。

しかし株式の場合は赤字を翌年以降3年にわたり繰り越すことができます。

ここが雑所得の不遇な部分ですね。

何かかわいそうな子ですね。
調べれば調べるほど発展途上な金融商品と感じます。

法人化で節税する方法はある

雑所得は所得税+住民税=MAX55%の税金を課せられることがあります。

しかし法人化でMAX33%に引き下げることが可能と大見税理士は仰っています。

法人化は他にも損益通算や繰越控除ができるなどメリットがたくさんあるとのことです。

この点について詳しく知りたい方はこちら↓

税制が改正される動きはある

というわけで、仮想通貨で儲けても税制のせいで他の金融資産に比べて旨味が全く無いのが現実です。

でも、実は昔はFXも同じ扱い(雑所得)でした。

FXはサービスが始まってから14年後に現在の「分離課税」扱いになりました。

仮想通貨も同じくらい時間がかかるか分かりませんが、実は国内でも分離課税にしようという動きがあります。

2020年11月4日に開催された自民党の予算会議で、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)が以下のような提言をしたそうです。

https://coinpost.jp/?p=198125 COINPOST記事より引用

「税制の中立性」という基本原則に則り、
「仮想通貨だけが重税を課せられるのはおかしいんじゃないの?」ということを言ったようです。

これはナイスです。今後の動きに期待ですね!

まとめ

・仮想通貨の売買益にかかる税金は、株や債券に比べて重いので売る時は要注意!

・国内では税制改正の動きあり。今後に期待!

・節税したければ法人化することを大見税理士は勧めている

ちなみに私もビットコインを少し持っていますが、税金が痛すぎるので近々で売る予定はありません。

世間のニュースに煽られて何も考えず、高値で売買しないように注意が必要ですね。


今回参考にした書籍はコチラです

記事の引用元

・だいたい3分でわかる仮想通貨の税金の話

・国税庁HP

・COINPOST 記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事