仮想通貨(暗号資産)を学べる学校が誕生!?どんなものか調べてみた

※当サイトで使用している 「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します。

ビットコイン投資に向け勉強中のペイザンヌです

世界では今仮想通貨業界が成長を続けています。

アメリカでは仮想通貨で起業したいという人に向けた

「仮想通貨スタートアップスクール」なるものが開催されています。

開催したのはシリコンバレーに拠点を置く、

Andreessen Horowitz(アンドリーセン・ホロウィッツ)という企業です。

https://news.bitcoin.com/andreessen-horowitz-publishes-crypto-startup-school-documentary/

アンドリーセン・ホロウィッツの創業者アンドリーセン氏は

これから仮想通貨が来る!と考えているようです。

仮想通貨スタートアップスクールではどんなことを勉強しているのでしょうか?

アンドリーセン・ホロウィッツとは 

https://news.bitcoin.com/andreessen-horowitz-publishes-crypto-startup-school-documentary/

アンドリーセン・ホロウィッツは、シリコンバレーに拠点を置く

アメリカ大手のベンチャーキャピタル企業です。

創業者のアンドリーセン氏はビットコイン信者で、

2014年には「何故ビットコインは重要なのか」という有名な記事を執筆しています。

仮想通貨への投資を積極的に行っており、最近では仮想通貨事業のため

515億円のファンドを立ち上げて話題になりました。

公式ホームページはこちら↓

仮想通貨スタートアップスクール

授業内容

アンドリーセン・ホロウィッツが始めたスタートアップスクールでは、

仮想通貨ビジネスを始めるために必要な知識を学びます。

履修コースは14科目あり、仮想通貨を基礎から学ぶことができます。

≪コース例≫

・仮想通貨の将来性について

・ブロックチェーンの基礎

・仮想通貨企業ビジネスで起業する方法

・仮想通貨のセキュリティー etc.

英語の講義ですが、動画も視聴可能です↓

豪華な講師陣

スタートアップスクールの講師陣には、各企業のお偉いさんがズラリ。

仮想通貨取引所の世界大手コインベースのブライアン・アームストロング氏を始め、

アンドリーセン・ホロウィッツやエンジェル投資家の講師など

仮想通貨に精通した方々が授業をしてくれます。

仮想通貨ビジネスの最前線にいる人から教われるのはすごい!

何故スクールを立ち上げたのか?

アンドリーセン・ホロウィッツ社の創業者アンドリーセン氏は、ビットコイン信者です。

アンドリーセン氏は2020年5月にこのように話しています。

仮想通貨は将来必ずニーズがやってきます。

そのニーズに応えるためには、インターネットの長期開発に投資し続けることが重要です。

私たちは仮想通貨ネットワークとビジネスへの投資のため、

500億円の投資を行なうことを決定しました。

つまりスクールも将来への投資の一環なのですね

まとめ

アンドリーセン氏はこれから仮想通貨業界が成長し、起業する人が増えると見込んでいます。

スタートアップスクールもその投資の一環です。

スクールはコロナによるロックダウンの最中に開催されましたが、

コロナ禍での開催ということも大変有意義だったそうです。

このスクールに参加した生徒は仮想通貨の基礎に加え、

リモートワークでの仮想通貨の運用方法なども学ぶことができたようです。

仮想通貨学校、近い将来日本にも出来るかもしれませんね!

https://news.bitcoin.com/andreessen-horowitz-publishes-crypto-startup-school-documentary/

今回参考した記事は、ざっくり抜粋・意訳してお伝えしています。

一言一句正確な和訳はしておりませんのでご了承下さい。

ご覧頂き有難うございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事