仮想通貨(暗号資産)は3つのタイプに分類される!特徴を解説

※この記事において仮想通貨とは暗号資産のことを指します

ビットコイン投資のため勉強中のペイザンヌです!

出た!ビットコイン信者のペイザンヌさん。

これまでビットコインしか見ていなかったけど、仮想通貨によって全然使い道が違うことが分かりました。

他の通貨のことも知っておくのは大事だね!

今回は仮想通貨をタイプ別に分かりやすく解説します。

仮想通貨に興味がある方の参考になれば幸いです!

仮想通貨の3つのタイプ

カレンシー型

カレンシーはCurrency、つまり通貨のことですね!

カレンシー型は、決済と送金のみに使える通貨です。

≪カレンシー型通貨の種類≫

・ビットコイン

・ライトコイン

・モナコイン

カレンシー型には統括する管理者が存在せず、価格変動が大きいのが特徴です。

ビットコインは一番初めに誕生した仮想通貨とあって、家電量販店などで支払い可としている所も多いですね。

ユーティリティ型

ユーティリティはUtility、役に立つことという意味です。

ユーティリティ型は、決済・送金に加え特別な機能が加えられた通貨です。

特別な機能は、例えばスマートコントラクトが挙げられます。

通貨に条件を与えておくことで、債務履行などを自動で行ってくれるのです。

通貨がひとりでに働いてくれるイメージです

 

≪ユーティリティ型通貨の種類≫

イーサリアム(機能:スマートコントラクト)

リップル(機能:処理スピードの速さ)

ネム(機能:処理スピードの速さ)

ユーティリティ型には管理者がいる場合もあり、価格のコントロールが可能ですが運営の戦略が失敗すると暴落するリスクもあります。

特別な機能がついてるなら、今後もっと伸びる可能性もありそうですね!

アセット型

アセットはAsset、つまり資産のことです。

アセット型は、他の資産と紐づけされた通貨のことで、ドルや金といった資産と価格が連動します。

≪アセット型通貨の種類≫

・テザー

・ペドロ

値動きの小さい資産と紐づけされるので、ローリスク・ローリターンが特徴です。

それなら最初から金に投資すればいいのでは?

金の延べ棒100個分が、仮想通貨ならスマホ1個で持ち運びできるから楽という意見もあるよ

そういう考え方もあるのか~。

まとめ

・仮想通貨(暗号資産)は3タイプに分類される

・カレンシー型は送金や決済のみに使え、統括する管理者が存在しないので価格変動が大きい

・ユーティリティー型は送金・決済に加え、特別な機能がついており、管理者が価格のコントロールをする

・アセット型は、ドルや金など他の資産と連動するのでローリスク・ローリターン

ユーティリティー型通貨にも惹かれるな~!

どの通貨に投資するかじっくり考えてから行動しましょう

今回参考にした書籍はこちら↓

図解が多く、サッと読める分かりやすさです!

ご覧頂き有難うございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事