デメリットだらけ?投資信託 売却&乗り換えの注意点

しゃちく君
投資信託アレコレ買ってたら、似た内容のファンドが増えてきちゃった。。。

しゃちく君
ゴチャついてるのはイヤだし、売ってまとめたほうがいいのかな?

わんわん工場長
結論から言うとデメリットが多く、「整理」が理由であれば売却しないほうがいいと思います。

特定口座・一般口座の場合

特定口座の場合
  • 売却利益に税金がかかる
  • 売却(解約)手数料がかかる

    売却利益に税金がかかる

    売却利益に約20%の税金がかかります。(厳密には20.315%)

    これはかなり大きいインパクトです。

    具体例を見てみましょう。

    • 投資額: 100万
    • 値上り益: 100万 の場合

    利益の100万に約20%の税金がかかりますので、手取りは20万引かれた「180万」です。

    つまり売却後の購入原資は「180万」になります。

    しゃちく君
    200万使えるわけじゃないんだ・・・

    わんわん工場長
    税金20%は痛すぎます・・・!

    売却(解約)手数料がかかる

    売却(解約)手数料のことを信託財産留保額といいます。

    商品にもよりますが解約時の保有額に対し、大体0.3%かかります。無料のものもあります。

    上記例の場合は「解約時額:200万」なので、「200万×0.3%=6,000円」かかります。

    わんわん工場長
    信託財産留保額の見方はこんな感じです↓(これは無料の場合)

    しゃちく君
    いろいろ手数料とられるんだなぁ~

    わんわん工場長
    やろうとしてる事がコストに見合うか、よく考えないとダメですね

    つみたてNISA・一般NISA口座の場合

    売却メリットが「全く無い」のでしないほうがいいです。

    非課税枠は復活しない

    NISA口座の場合は、売却益に対する税金はかかりません。

    しかし売却しても「非課税枠」は復活しないのでメリットがありません。

    例えば、保有商品を100万円分売っても、100万円分の非課税枠は復活しないのです。

    同じ内容で複数の投資信託を持っている場合は、売らずにそのまま持っていたほうがいいです。

    他に欲しい投資信託が出てきた場合は、新たに買い増しでOKです。

    売却したほうがいいケース

    わんわん工場長
    特定口座でも口座でも売却したほうがいいケースをご紹介します。

    信託報酬が高く、低成長のファンドを持ってる場合

    いわゆる「金食い虫」のファンドを持ってる場合です。

    具体的には「信託報酬が1%以上、長期で低成長」というようなファンドを持ってる場合です。

    利益が出ずコストがかかるだけなので売却してもよいでしょう。

    損益通算で税金を抑えたい場合

    これは特別講座・一般口座だけで使える手法です。

    NISA口座は使えません。

    損益通算とは、簡単に言うと「損」と「利益」を相殺することです。

    これの大きなメリットは「税金を抑えられる」ことです。

    株、債券などの「金融商品」を持っている場合、それぞれの「損」と「利益」を合算できます。

    例えば↓の場合。

    • 株: 200万損失
    • 投資信託: 100万利益

    投資信託の100万には20%税金(=20万)がかかりますが、株で200万損しているので利益はゼロ(どころか100万マイナス)です。

    この場合、税金を「ゼロ」にできます。

    損益通算は「確定申告」ででき、税金として取られる「20万円」を取り戻せます。

    また、損失は3年繰り越すことができるます。

    ↑の場合は100万損してますので、100万以上利益を出すまで課税されません。

    ■損益通算できる金融商品の一覧

    利益(上場株式・ETF・REIT・債券・公社債投信など) 損益通算可
    損失(上場株式・ETF・REIT・債券・公社債投信など)

    しゃちく君
    こんなシステムがあるんだなぁ~

    売却せずに乗り換えたい場合

    同じ内容のファンドの場合、信託報酬が0.1%以上変わるなら乗り換えてもいいと思います。

    信託報酬0.1%差で、どのくらい資産形成に影響するのかシュミレーションしました。

    「年間40万 × 20年積立て」のつみたてNISA想定です。

    結果、20年間で利益20万円の差がでてきます。

    わんわん工場長
    手取りで20万といったら給与1か月分レベルに相当するので、大きいです。

    まとめ

    まとめ
    • 目的が売却コストに見合わないなら、売らないほうがいい。
    • NISAは途中売却メリットが全くない。
    • 信託報酬が高い低成長ファンドなら売却の検討余地あり。

    しゃちく君
    安いものに安易に飛びついたり、思いつきで売却したらダメってことね。

    わんわん工場長
    お金が必要なとき、コストがかかっているときは売るべきです。

    わんわん工場長
    コストメリットをしっかり考えていただければと思います。

     

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事