ビットコイン価格の転換点!三角保ち合いとは?海外勢の価格予測は?

ペイザンヌ
ビットコイン投資ビギナーのペイザンヌです
2021年1月21日午前中、ビットコイン価格は一時約354万円まで値下がりした後、350~360万円台をキープしています。

グーグルより

わんわん工場長
ここ数日価格帯が370~380万円だったのに比べると、値下がり気味?
過去最高値を更新した1月8日からのビットコインチャートをより詳細に見ると、特徴的な形をしています。
上値と下値を直線で結ぶと、先がすぼまっているのです。

ペイザンヌ
これは三角保ち合い(もちあい)と呼ばれ、今後のビットコイン価格の大きな転換点になると言われています!
今回のテーマ
・三角保ち合いとは

・三角保ち合い形状別の特徴

・海外勢のビットコイン価格予測

わんわん工場長
ビットコインなど暗号資産投資に興味がある方の参考になれば幸いです
株価の変動が一定の範囲で継続している状態を「保ち合い」といいます。
株価の上昇・下落の値幅が徐々に狭まりチャートの形が三角形のようになる状態を「三角保ち合い」と呼びます。
三角保ち合いが出来ると、その頂点で株価がどちらかに大きく動く習性があるとされています。
                                                                     ーSMBC日興証券HPより

ペイザンヌ
つまり今ビットコインは価格が大幅に上昇するか、下落するかの転換点が近づいているということなんです!

三角保ち合い形状別の特徴

均衡

 
上値と下値、2つの直線を結んだ頂点が真ん中にある。この場合はこの先価格がどうなるか不透明な状態。

先行き強気

上値と下値、2つの直線を結んだ頂点が上値寄りにある。この場合は価格が上昇する可能性が高いと言われている。

先行き弱気

上値と下値、2つの直線を結んだ頂点が下値寄りにある。この場合は価格が下落する可能性が高いと言われている。

海外勢の価格予測

海外の証券アナリスト、トレーダーなど専門家10名の価格予測は以下の通りです。

ペイザンヌ
丸が大きいほど、多くのアナリストがその価格帯を予測していることを示しています

FXSTREETより

この図によると、この後1週間は三角保ち合いを保って価格が360~380万ドル台で推移すると予測している専門家が多数です。
2月の価格予測は10名中9名が出しており、360万ドル以下の予測が5人、400万ドル以上の予測が4人となっています。

わんわん工場長
ほぼ半々で、三角保ち合い後どちらに動くか今のところ読めませんね

まとめ

ビットコイン価格がどうなるかは、今後の三角保ち合いの形状によって変わって来るので、引き続き注視する必要があります。
投資銀行のジェフェリーズは、金からビットコインへ投資をシフトすると宣言しており、ビットコイン価格の値下がりを待っている状態です。
仮に価格が下落したとしても、ジェフェリーズのように値下がり待ちの機関投資家が一気に購入する可能性も十分あるので、長期的に見れば価格は持ち直していくと思われます。
機関投資家の参入が相次ぎ需要増加が著しいビットコインですが、一方で欧州中央銀行頭取による規制への呼びかけがあるなど、ビットコイン価格に影響が出そうなニュースも。

わんわん工場長
何がどうビットコイン価格に影響するか分からないので、引き続き情報収集だ!

ペイザンヌ
ご覧いただきありがとうございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事