【初心者向け】ビットコインの公開鍵と秘密鍵とは?違いを解説
ビットコインに投資中のペイザンヌです

ビットコインで取引をする際、専用の鍵が必要なことをご存知でしたか?

仮想通貨(暗号資産)の鍵って何?持ち歩くの?

鍵と言っても、実態はデータなんです!

今回はビットコインを始めたら必ず出くわす、公開鍵と秘密鍵について詳しく解説します。

ビットコインに興味がある方の参考になれば幸いです!

ビットコインの取引で使用する2つの鍵

①公開鍵 ・・ 口座番号のような役割

②秘密鍵 ・・ 暗証番号のような役割

これらの鍵が合わさって初めてビットコインを所有・取引することが出来るんです

公開鍵

公開鍵はその名の通り第三者にも公開されるもので、例えるなら口座番号です。

口座番号のように数字ではなく英数字を組み合わせたアドレスになっています。

ビットコインの取引では秘密鍵と必ずセットで使われています。

公開鍵は秘密鍵から作成され、そのアドレスを辿れば誰のものなのか分かるようになっています。

ただしアドレスに個人情報は含まれていないので、どこの誰かまで特定されることはありません。

ペイザンヌさんではなく「Aさん」みたいな感じで見られる訳だね。

そう!それを可能にしているのが、ビットコインのブロックチェーン技術です

秘密鍵

秘密鍵は公開鍵と違って自分しか知らない情報で、例えるなら暗証番号です。

これも長~い英数字で出来ています

さきほど公開鍵は秘密鍵から作成されると説明しましたが、公開鍵から秘密鍵の特定は出来ない仕組みになっているので安心です。

秘密鍵は自分の所有権を証明できる唯一のものなので、紛失や漏洩のないよう厳重に保管する必要があります。

なくしても銀行のように身分証で本人確認をするといった手段もないので注意!

通常ウォレット内に保管され、取引をする際に使用します。

ウォレットには色々な種類があり、安全性が異なるので自分に合ったものを選ぶ必要があります

鍵のセキュリティに関わるシングルシグネチャとマルチシグネチャ

何?ネーチャンがいるって?

親父ギャグ寒いっすよ!

シグネチャって日本語にすると署名のことだっけ?

そうです!取引毎にサインをするイメージで、これをもって取引が完了します。

シングルシグネチャ

こちらはシングルのアイス

シングルシグネチャは、公開鍵と秘密鍵それぞれ1つずつで取引が出来る体制のことで、取引がスムーズに行えるのが特徴です。

万が一秘密鍵が漏洩した場合、盗まれる可能性があるってこと?

そうだね、でも個人としては二段階認証を取り入れていれば防げることも多いんだよ。

マルチシグネチャ

マルチシグネチャ(マルチシグ)は公開鍵と秘密鍵が複数あり、全ての鍵が合わないと取引が成立しない体制です。

セキュリティはマルチシグネチャの方が高いんだね

マルチシグの場合は複数の鍵を管理する手間に加えて、シングルシグネチャより手数料がかかります

ひとまず暗号資産を入手するには仮想通貨取引所・販売所を利用するので、多少手数料を払うにしてもマルチシグを導入している企業がオススメです。

まとめ

・公開鍵は口座番号、秘密鍵は暗証番号のようなもので、取引ではセットで使われる

・公開鍵は秘密鍵から作られるが、秘密鍵の特定はされない仕組みになっている

・秘密鍵は自分の所有権を証明する唯一無二のものなので、管理は厳重にする必要がある

・鍵のセキュリティにはシングルシグネチャとマルチシグネチャが存在する

・シングルシグネチャは公開鍵と秘密鍵それぞれ1つずつで取引が可能

・シングルシグネチャは安全性は低いが、二段階認証があれば不正に気付ける

・マルチシグネチャは公開鍵と秘密鍵が複数存在し、全ての鍵が合って取引が可能になる

・マルチシグネチャは安全性は比較的高いが、複数鍵の管理が必要で手数料も高くなる

今回参考にした書籍はこちら↓

仮想通貨(暗号資産)の基礎から税金のことまで幅広くカバーした1冊でオススメです!

ご覧頂き有難うございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事