米ビリオネアジョーンズ氏「ビットコインはアップルやグーグルの投資と同じ」

ビットコインビットコインキャッシュに投資中のペイザンヌです

最近ではビットコインが過去最高値を更新したことが話題になりました。

https://coin.z.com/jp/corp/information/btc-market/

日本ではまだ仮想通貨(暗号資産)=危険というイメージがついているように感じますが、世界ではビットコイン投資を始める人が増えています。

アメリカのビリオネアであるポール・チューダー・ジョーンズ氏は「今ビットコイン投資をすることは、初期のアップルやグーグルへ投資するのと同様に大きく伸びる可能性がある」と話しています。

ジョーンズ氏は何故そのように考えているのでしょうか?

今回も英文ニュースを参考に分かりやすく解説します。

ビットコインに興味がある方の参考になれば幸いです。

ポール・チューダー・ジョーンズ氏とは?

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-05/Q0IN07T0G1L601より

ポール・チューダー・ジョーンズ氏は投資界で知らない人はいない、アメリカの超有名ビリオネアです。

資産運用会社チューダー・インベストメント・コーポレーションを設立し、現在はヘッジファンドマネージャーを務めています。

1987年のブラックマンデーによる株価暴落を予想し、それにより大きな利益を得た人物として一躍有名になりました。

ジョーンズ氏は2020年5月に仮想通貨(暗号資産)に興味を持ったこと、そして資産の2%をビットコインに投資したことを明かしています。

5月と比べると、ビットコインの価格は46%も上昇しましたね

ジョーンズ氏がビットコイン投資を始めた理由

ジョーンズ氏はCNBCという経済番組のインタビューで、次のように話しています。

コロナという前例のない事態に陥り、中央銀行の考えた金融政策はかなり量的緩和なもの、つまり市場に大量に資金を供給することだと分かりました。

これはコロナのパンデミックによって引き起こされた1番の問題だと言えます。

中央銀行はデフレを脱却しようとインフレを押し上げるための政策も発表しています。

インフレに対してどう自分の資産を守るのか、皆さんも考え始めないといけません。

インフレになれば現金の価値は下がってしまいますもんね

インフレ対策として私がオススメするのはビットコインです。

ビットコインは金やS&Pインデックスファンドに投資するのと同じで、右肩上がりが期待されています。

私はビットコインがインフレ対策に一番だという結論に至り、購入しました。

ビットコインは初期のアップルやグーグルと同じ!

でも、なんで他の資産ではなくビットコインなの?

様々な資産を検討した結果、ジョーンズ氏がビットコインを選んだ理由は主に3つです

①まだ投資している人が少なく伸びしろがある
②金と違いスマホで持ち運びも簡単
③現金にも変えられる流動資産である

ジョーンズ氏はビットコインの先行きについてこのように話しています。

ビットコインはまだ完全に確立されておらず、長期の持久力はありません。

しかし毎日少しずつ信頼性を得ており、資産として確立しつつあります。

ビットコインへの投資は、創設当初のテクノロジー企業に投資するようなものです。

スティーブジョブズが始めたアップルや、昔のグーグルのように今からビットコインに投資しておけば大きく伸びる可能性があると思っています。

実際ビットコイン価格は上昇していますし、またジョーンズ氏の予想が当たりそうですね!

まとめ

1987年のブラックマンデーによる株価暴落を予想し、今ではビリオネアのジョーンズ氏。

インフレ対策に持つべき資産としてビットコインをオススメしていることが分かりました。

・まだ投資している人が少なく伸びしろがある

・スマホで持ち運びが可能である

・現金にも変えられる流動資産である

ビットコインはスティーブ・ジョブズが立ち上げた頃のアップルや初期のグーグルなどこれから伸びるテクノロジー企業へ投資するのと同様だと考えています。

まさに今がビットコインの買い時なのかもしれませんね。

私は資産の5%をビットコインに投資しています。今後に期待!

≪参考ニュース≫
https://news.bitcoin.com/paul-tudor-jones-bitcoin-apple-google/

分かりやすく説明するため、必ずしも英文記事通りに和訳はしておりません。予めご了承下さい。

ご覧頂き有難うございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事