【初心者向け】ビットコインと金、投資するならどっちがいい?

ビットコイン投資に向けて勉強中のペイザンヌです

最近では世界のビリオネアたちがビットコイン投資を始めるようになっています。

ビットコインのニュースを見ていると、よく比較対象として登場するのが金です。

長年に渡って安全資産と言われてきた金と、2009年に誕生した仮想通貨(暗号資産)のビットコイン。

一見全く性質の違うものに見えますが、実はその希少性に共通点があります。

一体どちらに投資するのがいいのでしょうか?

今回はビットコインと金の共通点や違いについて分かりやすく解説します。

ビットコインに興味がある方の参考になれば幸いです!

ビットコインと金の共通点

上限数が決まっている

金の採掘量に上限があるように、実はビットコインにも上限があることをご存知でしたか?

ビットコインを勉強を始めて1番驚いたのはこれでした!

金と言えば錆びづらく、アクセサリーに加工できるなどその汎用性の高さから非常に高価です。

この世に存在する金は約20万トンと言われています。

そのうち掘り出されていないのは残り5万トンのため、希少価値が高まっています。

ビットコインは発行量上限数が2100万BTC(ビットコインの単位)です。

このように上限が決まっている資産の場合、需要が増加した時にはその資産を持っている人から譲ってもらわなければ入手することができませんよね。

上限数がある=希少価値が高まる=価格上昇を引き起こしやすい」のです。

ビットコインが上限に達するのは今のところ2140年だそうです。

今から投資を始めても遅くはなさそうですね!

価値が上昇している

こちらはビットコインのチャート↓

https://coin.z.com/jp/corp/information/btc-market/より

金のチャート↓

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/gold/chart.html?CommodityCode=101&ChartType=D1Y

どちらも価格の上下は見られるものの、2019年からのスパンで見れば下値が年々引き上がっていることが分かります。

ビットコインも金も、上限のある希少性の高い資産なので長期的な目線で見れば今後も価格が上昇していく可能性が高いです。

以上の共通点により、ビットコインと金がよく比較されるんです。

ビットコインと金の違い

利便性

日本では数年前、一部の家電量販店でビットコイン払いが可能となり話題になりましたね。

暗号資産先進国のスイスでは、高級ホテルでも滞在にかかる費用全てをビットコインで支払い可能としています。

ビットコインは支払い手段としての市民権を着実に得ていますが、金で支払い可能としているお店は聞いたことがないですよね。

支払いに使うには現金として換金しなくてはなりません。

金を換金する時には手数料も取られるからちょっと損?

ビットコインの方が利便性が高いと言えますね。

金よりも期待されるビットコインの将来性

希少性という共通点はあるものの、金よりビットコインが伸びると多くの投資家が推測しています。

金とビットコインはとてもよく似た資産だと思います。

でも、金よりビットコインの方が値動きのサイクルがずっと早い。

これから金の値段も上がるでしょうが、

ビットコインは2年で今の5倍になると予想しています。

ー米ビリオネアのマイケル・ノヴォグラッツ

ビットコインは金と似ていて、量に限りがあります。

今や若い人たちがビットコインを抵抗なく買っています。

そういった世代が増えることでこの先も価格が上がり、

ビットコインは金に代わって究極の安全資産になると思っています。

ー世界大手の金融コンサルタント会社deVere GroupのCEO、グリーン

金が評価されるのは、金本位制(金と通貨が交換できる)への信条があってこそです。

でも、もしインフレが起きて通貨の価値が崩壊したら?

そう考えると金よりもビットコインの方がずっといいと思います。

ーマクロ経済本2020年ベストセラー作家・テクノロジー企業BuildDirectCEOジェフ・ブース

どちらも価格変動はつきものだから、投資額は慎重に検討しないとね

まとめ

・ビットコインと金には上限数がある

・上限数があることで希少価値が生まれ、価格が上昇しやすい

・ビットコインの方が支払い手段としての利便性が高い

・金よりもビットコインに将来性があると考える投資家が増えている

もう少し勉強したら私もビットコインに投資するぞ!

今回参考にした書籍はこちら↓

ご覧頂き有難うございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事