【初心者向け】買い時と売り時が分かる!ビットコインチャートの見方【テクニカル分析】

ビットコイン投資に向け勉強中のペイザンヌです

ビットコインは12日に180万円まで下がってから、15日には197万円に回復したね

2020年12月15日時点 https://coin.z.com/jp/corp/information/btc-market/

このように株と違ってボラティリティーの大きいビットコイン、難しいのは買い時と売り時ですよね。

まだビットコインを持ってないから、値下がりした時に買いたいけどタイミングが分からない!

そこで役に立つのがチャートと呼ばれるビットコインの値動きを表したものです。

チャートにも様々な種類があり、それぞれのチャートを見ることで買い時と売り時を見極めることができます。

基本的なチャートの見方は株と同じなので、今回は初心者向けに解説していきます

ビットコインに興味がある方の参考になれば幸いです

ビットコイン価格チャート

チャートは需給による価格の変動を表したもので、これを使って分析する方法をテクニカル分析と呼びます

チャートは1分単位から月単位、更にローソク足かラインで見ることができます

https://coin.z.com/jp/corp/information/btc-market/より

短期売買ならローソク足、長期保有ならラインを見るのがいいと言われています

ローソク足は1分・1週間など一定期間の値動きの幅を表しており、形状によって意味合いが異なるんです

陽線、陰線などローソク足の形状について詳しくはこちら

買いシグナルと売りシグナル

ローソク足による買いシグナルは2種類です

①陰の陽はらみ・・下降局面で大きな陰線が出た後、それに収まるサイズの小さな陽線が現れる

②陰の陰はらみ・・下降局面で大きな陰線が出た後、それに収まるサイズの小さな陰線が現れる

同様に売りシグナルも2種類あります

①陽の陰はらみ・・上昇局面で大きな陽線が出た後、それに収まる陰線が現れる

②陽の陽はらみ・・上昇局面で大きな陽線が出た後、それに収まる陽線が現れる

当てはまらない場合もあるから目安程度でよろたのです~!

移動平均線

移動平均線とは、過去の一定期間の取引価格を平均化してつないだ曲線です。

期間は色々ありますが、5日や75日がメジャー

下図で言うとローソク足に付随するように引いてあるのが5日平均線、赤くてなだらかな線が75日平均線です↓

https://coin.z.com/jp/corp/information/btc-market/より

移動平均線は為替の大きな流れを表しています

①平均線が右肩上がり・・ビットコインは上昇トレンド(取引価格は平均線の上)

②平均線が右肩下がり・・ビットコインは下降トレンド(取引価格は平均線の下)

今回のチャートでは5日平均線が短期線、75日平均線が長期線です。

短期線が長期線を抜くと上昇、反対に短期線が長期線の下に割り込むと下降のサインになります。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは下のチャートで見るとグレーの部分です

2020年12月15日時点 https://coin.z.com/jp/corp/information/btc-market/

ボリンジャーバンドは売られすぎ、買われすぎなど相場の過熱感から先行きを読む「オシレータ系指標」の1つで、高確率で値動きの幅が読み取れると言われています。

ボラティリティーの大きいビットコインですが、価格はこのボリンジャーバンド内に収まるように動きます。

・値上がりしてボリンジャーバンドの上限を超えた時は、バンド内に収まろうと下落

・値下がりしてボリンジャーバンドの下限から外れた時は、反発して上昇

これを踏まえてチャートを見ると、上下を繰り返しながらもほぼボリンジャーバンド内に収まっていることが分かります

ボリンジャーバンド下限に近付いている時ほど買うチャンス、上限に近づいていたら売るチャンスです!

 

MACD(マックディー)

MACDは相場のトレンドやトレンド転換を読み取るのに有効な指標と言われています。

チャートはMACDとシグナルの2本の移動平均線で構成されます。

MACD・・12日間と26日間など、2つの期間の差分を計算したもの

シグナル・・MACDの全期間の平均

青い線がMACDで、赤い線はシグナル!0のラインを跨いで上下に移動します

2020年12月15日時点 https://coin.z.com/jp/corp/information/btc-market/より

・2つのラインが0より上の位置なら買われすぎのサインで、売りのチャンス

・2つのラインが0より下の位置なら売られすぎのサインで、買いのチャンス

ゴールデンクロス

https://coin.z.com/jp/corp/information/btc-market/より

青い線のMACDが赤い線のシグナルを下から上へ突き抜けた時はゴールデンクロスと呼ばれ、価格上昇への転換点となります。

それ以降は値上がりしてしまうので、買いのシグナルになります

デッドクロス

https://coin.z.com/jp/corp/information/btc-market/より

青い線のMACDが赤い線のシグナルを上から下に突き抜けた時はデッドクロスと呼ばれ、価格下落への転換点となります。

それ以降は値下がりしてしまうので、売りのシグナルになります

クロスの信頼度

実はゴールデンクロスとデッドクロスはどこで出現したかによって信頼度が変わると言われています。

MACDとシグナルは0のラインを跨いで動くのですが、この0のラインが重要!

・ゴールデンクロスが0より上・・信頼度が高い買いシグナル

・ゴールデンクロスが0より下・・信頼度の低い買いシグナル

・デッドクロスが0より上・・信頼度の低い売りシグナル

・デッドクロスが0より下・・信頼度が高い売りシグナル

クロスの場所までしっかり確認しよう!にしても見るとこいっぱいあるね~

まとめ

今回参考にした書籍はこちら↓

チャートの読み方についてもっと詳しく知りたい方にオススメ!図解でサッと読みやすい1冊です

ご覧頂き有難うございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事