ビットコイン不正に関わる2大ワード!ビザンチン将軍問題と51%攻撃【リスク】

※この記事において仮想通貨とは暗号資産のことを指します

ビットコイン投資に向け勉強中のペイザンヌです

今回はなんだか戦が始まりそうなタイトルで怖いけども

これを知っていたらあなたもビットコイナー!ってくらいメジャーなワードなんだよ

俺、ビザンチン将軍推しっす!みたいなこと?

はい違います。今回は、ビットコインの不正リスクに関わるビザンチン将軍問題と51%攻撃について詳しくご説明します

ビットコインに興味がある方の参考になれば幸いです

ビザンチン将軍問題とは?

素性が分からず信頼できない者同士が共同作業を行なうとします。

その中にいるかもしれない裏切り者に陥れられないためには、どうしたらいいでしょう?

これがビザンチン将軍問題と言われ、コンピューターサイエンスの世界では長く「答えがない」とされてきました。

しかし、ビットコインのブロックチェーンがこの問いに答えを出しました!

ブロックチェーンは「悪いことをしては倫理的によくないからやらない」という性善説ではなく、

「悪いことをしたら、自分が損するだけだからやらない」という性悪説に立っています。

そのため、ビットコインは信頼できるか分からない人と

ブロックチェーンをつなぐ作業をしているのに、信頼できる仕組みになっているという訳です。

ブロックチェーンはビットコインの安全の要だね

ちなみにブロックチェーンの作業をする人をマイナーと呼びます

51%攻撃とは?

とは言え、実は悪い人がグルになってる可能性もあるんじゃ?

その可能性がないとも言い切れないね。それがこれからご紹介する51%攻撃です

①悪者マイナーたちが意図的に不正なブロックを作り、分岐させる

②その後もそのブロックに繋がるブロックを承認し続ける

ブロックチェーンはチェーンの長いものが生き残る仕様になっているため、

不正なブロックが正当なブロックより長くなると、正当なブロックは捨てられてしまいます。

そんな~!!

マイナーがブロックチェーンをつなぐ作業というのは、具体的には計算です。

不正に分岐させたブロックが承認され続けるためには、ビットコインの計算総量の過半数が必要と言われています。

つまり51%以上の計算を持たれたら不正だらけに!これを51%攻撃と呼びます

そうなったらビットコインの危機じゃん!

ただ、実際に51%攻撃をするのはかなり難しいと言われています。

現在全世界で計算に参加しているコンピューターの計算力が極めて大きいからです。

これまでの仮想通貨(暗号資産)流出は取引所のセキュリティが脆弱だったことが問題で、

仮想通貨(暗号資産)自体には問題がありませんでした。

しかし51%攻撃のように、ビットコイン自体に不正が起きる可能性もゼロではないことを覚えておきましょう

他の通貨では51%攻撃が実際に起きています!詳しくはこちら

まとめ

・ビザンチン将軍問題は「信頼できない者同士で作業する場合、裏切られないためにどうすればいいか」という問い

・ビザンチン将軍問題に答えはないとされていたが、ビットコインのブロックチェーンが解決した

・ブロックチェーンは「不正したら損」という性悪説に基づいた仕組み

・ブロックチェーンはビットコインの安全の要だが、51%以上の計算量を持たれると不正が起きてしまう

・全世界で計算に参加しているコンピューターの計算力が極めて大きいため、51%攻撃はかなり難しいと言われている

・過去の仮想通貨(暗号資産)流出は、取引所のセキュリティの問題で、仮想通貨(暗号資産)に問題はない

・とは言え51%攻撃のようにビットコイン自体に不正が起きる可能性もゼロではないことを覚えておく

今回参考にした書籍はこちら↓

ビットコインの未来について見解が多く勉強になりました!文庫本なので持ち運びも楽♪

ご覧頂き有難うございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事