暗号資産先進国スイスではビットコインのATMが導入されている

※当サイトで使用している 「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します。

ビットコインを勉強中のペイザンヌです

スイスでは、ビットコインなど仮想通貨のATMが街中に導入されてます。

最近ではスイスの超高級5つ星ホテルThe Dolder Grand(ザ・ドルダー・グランド)が

仮想通貨(暗号資産)のATMを導入し、仮想通貨(暗号資産)での支払いも可能にしたと話題になりました。

https://news.bitcoin.com/hotel-bitcoin-atms-swiss-dolder-grand/

一体なぜスイスでは仮想通貨(暗号資産)のATMが増えているのでしょうか?

今回は英文記事を参考に分かりやすく解説します。

ビットコインに興味がある方の参考になれば幸いです

暗号資産先進国のスイス

ビットコインのような仮想通貨は、総称して暗号資産と呼ばれます。

スイスはフィンテックやブロックチェーンなど暗号資産に関連する企業の誘致に力を入れており、

アメリカのシリコンバレーならぬクリプト(暗号)バレーと呼ばれています。

このように、そもそもスイスは暗号資産先進国なのです。

クリプトバレーには800を超える企業が進出しているそうです

ザ・ドルダー・グランドとは?

話題のATMを導入したザ・ドルダー・グランドは、スイスのチューリッヒにある5つ星ホテルです。

お値段は1泊約6万5千円からの超高級ホテル!

https://jp.lhw.com/hotel/The-Dolder-Grand-Zurich-Switzerland#propinfo

お城ですやん!

19世紀に建てられたんだって

これまでヒラリー・クリントンやレオナルド・ディカプリオなどが宿泊した、まさにセレブ御用達のホテルです。

仮想通貨(暗号資産)のATMとは?

ザ・ドルダー・グランドホテルが導入した仮想通貨(暗号資産)のATMを開発したのは、スイスのVärdex Suisseという会社です。

この会社は2017年創業、スイスでは仮想通貨ATMの大手!

スイスには現在102の仮想通貨ATMが設置されていますが、

そのうち70のATMがVärdex Suisse社が開発したものです。

Värdex Suisse社ATMの取り扱い仮想通貨≫

・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ

・イーサリアム

・ライトコイン

このATMではスイスフランやユーロを使って4つの仮想通貨を買うことが出来ます。

ビットコインを売ってスイスフランに変えることも可能です。

ビットコインとビットコインキャッシュって何が違うの?

違いについて詳しくはこちら↓

導入するホテルが増えている

仮想通貨(暗号資産)のATMを導入しているホテルは他に、

ヒルトンチューリッヒエアポートホテルなど高級ホテルから、家族経営の3つ星ホテルなど様々です。

ザ・ドルダー・グランドホテルは導入した理由について次のように話しています。

コロナウイルスの流行により、感染防止の観点や現金の価値に対する不安感から

仮想通貨の需要が飛躍的に増加しているため、仮想通貨のATM導入を決定しました。

これまでたくさんのお客様が初めての仮想通貨取引をこのATMで経験されています。

ザ・ドルダー・グランドホテルでは宿泊代やスパ、飲食などもビットコインなどの支払いを受け付けています。

パナマではビットコイン払いが可能な豪華客船が誕生していたね!

コロナが収束してスイスへ来る旅行者が増えれば、仮想通貨ATMの利用者も増えると予想されます。

そうなると仮想通貨の価値がさらに上がるかもしれません。

まとめ

暗号資産先進国のスイスでは、既に102もの仮想通貨ATMが街中に設置されており、

手軽にビットコインなどの仮想通貨を売買できる環境が整っています。

超高級5つ星ホテルのザ・ドルダー・グランドが仮想通貨のATMを導入したことからも、

ビットコインなどの仮想通貨が支払い手段として一般的になりつつあることが分かります。

コロナが収束してスイスへ来る旅行者が増えれば、仮想通貨の利用者も増加して

仮想通貨の価値が高まりそうですね!

最近ではビットコインの値上がりが注目されてニュースになりました。

それによって日本に仮想通貨のATMが導入される日も意外と近いかも!?

今回参考にした記事はこちら↓

https://news.bitcoin.com/hotel-bitcoin-atms-swiss-dolder-grand/

分かりやすく説明するため、この記事では別途個人で調べた説明を加えています。

英文記事通りに和訳している訳ではありませんので予めご了承下さい。

ご覧頂き有難うございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事