ビットコイン、何よりも早い成長率で時価総額1兆ドル!次の目標は金?

ビットコインに投資中のペイザンヌです
ビットコイン価格は一時600万円を超えて史上最高値を更新しましたが、それを機に利確売りする人が出て590万円台に戻ってきました。

グーグルより(2021年2月21日時点)

わんわん工場長
1分単位でチャートを見てると、下がってもまたすぐ買われててビットコインの強さを感じる
昨年より急成長を続けているビットコインですが、実は時価総額世界1位のアップルよりも成長率が圧倒的に早いことが分かりました。
今回のテーマ
・ビットコインと株の成長率を比較してみよう
・ビットコインの次なる目標額はいくら?

ペイザンヌ
この記事はビットコインなど仮想通貨(暗号資産)投資に興味がある方にオススメです

ペイザンヌ
ビットコインの成長率が著しいことはJPモルガンの調査で証明済みなのです!
下図は過去50年を振り返り、日経やナスダックといった代表的な株価指標とビットコインの成長率を比較したものです。
政権・体制交代の1年目を100とした時、どれくらいの年数でバブルを迎えたかを表しています。

わんわん工場長
このチャートを見るといかにビットコインの成長が早いか分かりますね
さらに今回時価総額が1兆円を超えたことで、多くの専門家が現在時価総額1位の企業、アップルの成長率を引き合いに出しています。
≪誕生≫
アップル   ・・ 1974年4月
ビットコイン ・・ 2008年10月
≪時価総額1兆ドルに到達するまで≫
アップル   ・・ 約504カ月(42年)

ビットコイン ・・ 約145カ月(12年)

ペイザンヌ
アップルはその後約2年で2兆ドルへ到達しています!

アップルの時価総額:macrotrendsより、筆者加筆

わんわん工場長
これまでの成長率の高さから、ビットコインはもっと短期間で時価総額2兆ドルになるとの見方が出てるよ

ビットコインの次なる目標額は?

ビットコインの時価総額が1兆円を超えたことについて、多くの支持者は「まだ準備運動中=こんなもんじゃない」と考えています。

≪ビットコインの成長を後押しする要素≫
テスラマイクロストラテジーなど機関投資家が参入している
ペイパルなど、企業が仮想通貨(暗号資産)事業を開始している
③ストック・トゥー・フローモデルの価格予測

ペイザンヌ
③のストック・トゥー・フローモデル(S2F)は、ビットコインの希少性を定量化したチャートです

わんわん工場長
S2Fはこれまでビットコイン価格を正確に当てて来たとか来ないとか

S2Fモデルを開発したPlanB氏(ビットコイン界の有名人)によれば、次の目標は10兆ドルになると分析しています。

PlanB氏ツイッターより、筆者加筆(2021年2月21日時点)

まとめ

ペイザンヌ
ビットコインが株と比べていかに成長著しいか、お分かり頂けましたか?

わんわん工場長
ビットコイン開発者のサトシナカモトも、まさかここまで高騰すると思ってなかったんじゃないかな~

ペイザンヌ
ボラティリティーの大きいビットコイン、投資してる身としてはちょっとヒヤヒヤだけど、今後も成長すると信じて見守ります

わんわん工場長
無限の彼方へ、さぁ行くぞ!(トイ・ストーリー、バズのセリフより)
≪参考ニュース≫

ペイザンヌ
ご覧頂きありがとうございました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事