ブロックチェーンはどうやって利用する?タイプを解説
ビットコインから生まれたブロックチェーンは仮想通貨(暗号資産)だけでなく、ニトリの物流システムなどでも活躍しています。

わんわん工場長
あれ?でもビットコインのブロックチェーンって特定の管理者がいないのが特徴だったよね?企業が導入してるってどういうこと?

ペイザンヌ
実はブロックチェーンにも種類があって、活用方法も色々あるんです!
今回のテーマ
・ブロックチェーンにはどんな種類がある?

・ブロックチェーンの具体的な利用法とは?

わんわん工場長
ブロックチェーンの仕組みを読んでから見ると、内容がスムーズに入ってくると思います!

ペイザンヌ
この記事はビットコインなど暗号資産に興味がある方にオススメです

ペイザンヌ
最もメジャーなブロックチェーンの分類は以下の2つです
①パブリックチェーン
②プライベートチェーン

パブリックチェーン

ビットコインをはじめ、サービスの利用者が一般人の場合はパブリックブロックチェーンに分類されます。
ビットコインはだれでも自由に参加できるネットワークで、ブロックチェーンを承認するマイニングは誰でも行なうことができます。

ペイザンヌ
パブリックチェーンは承認する人が決まっていないので、非許可型ブロックチェーンとも呼ばれます

プライベートチェーン

パブリックチェーンと違い、サービスの利用者が企業や銀行などの場合はプライベートチェーンに分類されます。

プライベートチェーンでは特定の組織のみがブロックチェーンを承認することから、許可型ブロックチェーンとも呼ばれています。

さらに承認するのが複数のグループである場合は、コンソーシアム(共同事業体)ブロックチェーンと呼んで細分化しています。

わんわん工場長
最初に出たニトリの物流システムはプライベートチェーンって訳ね!

ブロックチェーンの利用方法

ビットコインのブロックチェーンはそのプログラムがインターネットで公開されているため、誰でも自由に使うことが出来ます。

ペイザンヌ
そこでブロックチェーンの活用方法は3通り!
①ビットコインなど既存のブロックチェーンを使ってサービスを作り出す

②新たなブロックチェーンを作り、それを利用する

③新たなブロックチェーンに加え、既存のブロックチェーンを様々な形で融合する

既存のブロックチェーンを活用

ビットコインの既に成熟したブロックチェーンを使うことで、セキュリティーや改ざんの難しさ等を享受したままサービスを構築することが可能となります。

わんわん工場長
ビットコインのプログラムを盗用してる気持ちになるけど、公開されているから問題ないのよね?

ペイザンヌ
そうだよ!でもビットコインの特徴を引き継ぐ訳だから、取引完了までに10分かかったりデメリットもあるみたい

新たなブロックチェーンを作る

こちらはチェーンに繋がれた犬

文字通り既存のブロックチェーンに頼らず、新たなブロックチェーンを作ってサービスを構築します。

そのため例えばビットコインのブロックチェーンでは10分かかる取引完了時間を短縮したりすることも可能です。

何でも自由に決められるというメリットがありますが、全て1から作り出さなければなりません。

新たなチェーン + 既存のチェーン

ペイザンヌ
これは①と②を融合させたものですね
サイドチェーン・・既存のブロックチェーンに新たなブロックチェーンを付け加える方法
マージマイニング・・既存のブロックチェーンのマイニングを自分が新たに作ったブロックチェーンでも行なってもらう方法

わんわん工場長
最近ではビットコインキャッシュのサイドチェーン、Moeing Chainが話題になってたね!

ペイザンヌ
Moeing Chainによってビットコインキャッシュは機能・時価総額ともイーサリアムを超えるかもしれないと言われてます
このように、サイドチェーンによっては暗号資産の価値を高めることにも繋がります。

まとめ

・ブロックチェーンはパブリックチェーンとプライベートチェーンがある
・パブリックチェーンはサービスの利用者が一般人。承認する人が決まっていないので非許可型ブロックチェーンとも呼ばれる
・プライベートチェーンはサービスの利用者が企業や銀行。特定の組織が承認することから許可型ブロックチェーンとも呼ばれる
・ブロックチェーンの利用方法は①既存のブロックチェーンを活用、②新規ブロックチェーンの作成、③既存と新規の融合がある

ペイザンヌ
今回参考にした書籍はブロックチェーンの入門から専門的な範囲まで網羅していて勉強になりました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事